今、効果アリ! 気持ちが見える商品紹介とは?!

区切り線

このメールマガジンは、「ことのは塾」と名刺交換をさせていただいた皆さんにお送りしております。

eizi

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

突然ですが・・・「人が人に興味を持つ瞬間」って、どんな時だと思われますか?

色々な考え方があると思いますが、私は『 その人の”感情”が見えた時 』だと思うんです。

 

 

たとえば、私が『 先日、プリンタを買いました 』と言ったとしても、皆さんはそれほど興味を持たないでしょう。

プリンタを買った というのは、単なる”事実”。

「・・・あぁ、そうですか」と思うくらいで終わりです。

 

でも、

 

『 先日、プリンタを買いました。デザインに一目ぼれして買ったモノで、機械の写真まで撮っちゃいました(笑) 』

と言ったとしたら、どうでしょう?

 

今度は私の言うこと、ひいてはプリンタのコトが気になってしまいませんか?

 

“事実情報”だけでは人のココロは動かない・・・

“感情”が見えてこそ、人は興味を持ってくれる・・・

 

この心の動きを、「店頭POPの商品紹介文」に活用している方がいらっしゃいます。

次の二つの商品紹介文をご覧になってみて下さい。

 

—【 Aの紹介文 】———————————–

 

【スープ皿】

直径 ベルギーからの輸入品。

淡いクリーム色で、日常的にお使いいただけるお皿です。

口径12.5cm 横幅14cm  高さ6.2cm 容量220cc

 

—————————————————

 

 

—【 Bの紹介文 】———————————–

 

【スープ皿】

直径 ベルギーからの輸入品。

淡いクリーム色で、日常的にお使いいただけるお皿です。

口径12.5cm 横幅14cm  高さ6.2cm 容量220cc

 

— 【 仕入れ担当から”ひとこと”】 —

もう”ひと目惚れ”でした。ベルギーの展示会でコレを発見した次の瞬間、契約書にサインしていたくらいです(≧∇≦)/

デザインが凝っているのに、実は普段使いできるほどの厚みがあるのがサイコー。

私自身も、自宅で毎日使っています!

 

—————————————————

 

商品説明の部分は、全く一緒。

違うのは、その後に一言、“感情”の入った言葉が添えられたということだけ。

 

・・・でも、何だかBの紹介文の方が、“人間味”を感じませんか?

 

実はコレ、ある食器屋さんが実際にPOPに書いている紹介文なんです。

Aのような無機質な紹介文を、Bのように温かみのある紹介文に変えたところ、売り上げは倍増。

以来、新商品が入荷するたびに、ブログを書く時のような、「他愛も無い一言」を必ず添えるようにしているのだそうです。

それだけで売り上げが伸びるのなら、使わない手は無いですからね。

 

・・・

 

皆さんはせっかくの商品やサービスを、

 

「こういうモノです」

「こんなサービスです」

 

と、ただ説明して、終わりにしてしまっていませんか?

 

「○○は~~です」、「××は、△△機能がついています」といった”事実”情報だけでは、人のココロは動かせませんが、そこに人間味のある一言を添えるだけで、お客様は興味を持って下さいます。

 

コツは”感情”をオモテに出すこと。

 

「完成させるには、こんなところに苦労しました」

 

「お客様にこんなことを言われて嬉しかったです」

 

「お客様がこんなことで苦労していると聞いて悲しくなり、このサービスを思いつきました」

 

と、仕事の場面であっても、私たちの感情は様々なところで動いています。

 

ある機械部品を作っているメーカーさんでは、商品カタログに

 

『 3グラムの軽量化を実現! わずか“3グラム”ですが、ご利用いただいているお客様の工場では、不良品の発生率が大幅に減りました。「不良品が出る数が減りました」とわざわざお電話いただいた時は、本当に嬉しかったです』

 

といった“社員の言葉”を商品情報と一緒に載せていました。

ここでもやはり「嬉しかった」という感情が出ているのが、人間らしさを感じさせますね (*´ェ`*)

・・・

人のココロを動かすのは、やはり人のココロ。

あなたの”感情”を商品紹介文の中に入れることで、とても親近感のわく文章にレベルアップします!

ぜひ、お試し下さい!!

 

— 「ことのは塾」 山梨 栄司 

最近、とくにご依頼が増えているのが「チラシ・パンフレットのリニューアル」のお仕事。

「 “顧客志向の言葉”を使うべきなのはわかっているんだけど、技術畑の人間なのでどうしても・・・(^_^;) 」

「 女性向けの商品だから、男性スタッフだけだと言葉が思い浮かばないんです 」

「 長年扱っている商品なもので、特に“新しい表現”が見つからなくて・・・ 」

そんな“お悩み”、御社にもございませんか? (^_^;)

その商品・サービスの“プロ”だからこそ、つい「商品説明」っぽくなってしまう

その商品を長く扱ってきたからこそ、“よくある表現”になってしまって、心がこもらなくなってしまう

チラシづくりは新人に任せたいんだけど、自分がカンでやってきたから、教えることができない

そんな光景を私たちはたくさん見てきました。

“うまい言葉”が見つからない

そんな時は、ぜひ「ことのは塾」を呼んで下さい!

御社が大切にしていること、商品の特長・愛されるポイントをしっかり聞き出した上で、

現代のトレンド、お客様の使っている言葉、紙面にした時の読みやすさなどをちゃんと加味して、チラシ・パンフレットを作らせていただきます。

「我が社のチラシでも作ってもらえるかな?」

とご心配なら、ぜひ公的な補助金を使ってお呼び下さい。

中小企業庁が行っている『 ミラサポ 』という制度を使うと、日本全国どこからでも「ことのは塾」の講師を呼ぶことができます。

( 利用費は“無料”で、1年度 3回まで利用可能 )

どんな言葉でお客様にアピールしたらいいだろう?ということを一緒に考えていきましょう。

(※ 広報担当の社員さんや、新人さんの同席も大歓迎です!)

お申込みはこちらのページからお願いします。

お客様が喜んでくれるチラシをつくりましょう!

お申込みは、こちらのページからお願いいたします ↓

区切り線

check “想い”の伝え方ノウハウは、こちらにも載っています。

twitterのフォロー、Facebookの友達申請も大歓迎です!

ブログ twitter 

 

区切り線

「ことのは塾」の本「ことのは塾」の本、絶賛発売中!

— 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。

“どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。

誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。

「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」

「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」

「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」

などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)

お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!

 

区切り線

「ことのは塾」フッター

pin 発行:「ことのは塾」(有限会社ビーサイド・ライブ)

pin 住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5

pin 編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部

pin お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp

pin メルマガ配信の解除 ・ メルマガの読者登録

pin「ことのは塾」プライバシーポリシー


あなたの商品の魅力、言葉にします

今、新たにホームページやネットショップを持つ会社やお店が増えています。

「ことのは塾」にもホームページ制作のご依頼が多く寄せられておりまして、この春のスタートに向けて準備を進めています (*^^*)

コロナをキッカケに生活が変わり、欲しいモノ、買うモノ、買うトコロも変わってきています。

今までホームページやネットショップを必要としていなかった飲食店や農家さんなども、自前のHPを持ち、自分のネットショップで“販売”をするようになってきました。

ここで一つ、確認しておいていただきたいことがあります。

『 あなたの商品は、写真がキレイなら売れますか? 』

インスタグラムで売れているモノ = 写真が良ければ買ってもらえるモノは、実はごく限られたモノでしかありません。

ファッション、アクセサリー、見栄えの良い食べ物・・・そういった商品は、写真の映りが命。

美しい写真だけで売れることがある商品です。

でも・・・

あなたの商品は「見栄えが良ければ売れるモノ」でしょうか?

「写真に写らないトコロにこそ、魅力がある商品」ではないでしょうか?

写真が良ければ売れるモノは、確かにあります。

そういった商品の方が画面や紙面に映えるので、マスコミにもよく取り上げられます。

でも、世の中の大半の商品やサービスは、「その魅力が写真には写らない」ものですよね?

写真だけでは魅力が伝えられない場合、その写真に添える“言葉”が大切になってきます。
( 今、流行りの「動画」や「ライブコマース」だって、“言葉”がなければ、100%の魅力は伝わりません )

でも、いざホームページに「魅力的な商品紹介文」、「お客様の気をひくキャッチコピー」を書こうとすると、なかなかスムーズにいかないことも多いです (^_^;)

そんな時は、ぜひ「ことのは塾」を呼んで下さい!

「 どんな人が作っていますか? 」

「 他より高い(安い)のは、何か理由があるのですか? 」

「 どんなところが他の商品と違いますか? 」

といった“質問”をしながら、あなたのお店や会社、あなたの商品の「魅力」を一緒に見つけ出して、“言葉”にしていきます。

・ ホームページ
・ チラシ
・ 看板 / のぼり
・ パッケージ
などを作ることができます。

興味を持っていただけましたら、こちらのページに詳しい内容が載っております。
ぜひ参考にしてみて下さい (*^^*)

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください