「商品紹介文は、短く、シンプルにした方がいい」のウソ


こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

『 商品紹介文は、短く、シンプルにした方がいい 』

そんなことを聞いたことはありませんでしょうか?

私たち「ことのは塾」も、ある意味ではそれは正しいと思うのですが、

これを『 商品紹介文は短くてもいい 』と受け取ってしまうと、思わぬ落とし穴に落ちることになります (T_T)

・・・

この“紹介文、短い方が良い説”根拠をたどってみると、多くの場合、

『 店頭で、一つの商品を見る時間は0.3秒未満 』

といったような調査結果をもとにしていることがわかります。
(※ 秒数は、調査によってまちまち )

「スーパーマーケットやコンビニで、何か商品を買おうとしている時、一つひとつの商品やPOPを見る時間は、1秒に満たないですよ」

「だから、目立つパッケージや、一言でバシっと伝えるキャッチコピーが必要ですよ」

という“結論”に至ります。

…でも、この話…あなたの商品に当てはまるでしょうか?

実は、こういった調査は、

・ 普段からよく買っている商品 (=よく知っている商品)を、
・ 似たような競合商品の中から選ぶ

という“前提”で行われるものが多いです。

( そもそも、商品パッケージの効果や、陳列の仕方の効果を見るための調査が多い )

食べ物だったり、飲み物だったり、洋服だったりを、
店頭で見る、同業他社が多くいるネットモールで見る、といった感じ。

そのようなケースでしたら、いちいち商品特長を見てから、じっくり選ぶ、ということはしませんよね?

たとえば洋服を買う時に、いちいち

「 この製品(シャツ)は人体に着用するもので、主に外出時に使うものとして作られています 」

「 主要素材の“綿”はコットンとも呼ばれ、保温性・保湿性にすぐれているものです 」

なんて説明されなくても、なんとなくわかりますよね。

“見た目”と“サイズ”と“値段”さえわかれば、その情報だけで十分、洋服は選べるという人が多いのではないでしょうか。

しかし・・・

これが「大切な取引先を接待するレストラン」を選ぶ時だったら、どうでしょう?

同じように“少ない情報”で、お店を決めてしまうでしょうか?

あなたは、「この店が、接待に向いているかどうか?」という、とらえどころのない問題に向けて、様々な情報が欲しくなるのではないでしょうか?

「 どんな料理を出すんだろうか? ありきたりだと盛り上がらないな 」

「 値段はどうだろう? あまり安すぎるのも、予算を超えちゃうのもまずいな 」

「 静かな店じゃないと接待には向かないな。客層はどうだろう?」

「 個室はあるのかな? 何人まで入る部屋があるだろう?」

「 そもそも、予約が取れるのかな? 」

など、様々な角度から豊富な情報を欲しいと思うはず。

・・・

それに、接待するレストランを探している時、一つのお店だけを吟味する、ということもありませんよね?

ネット検索して、いくつか“候補のお店”を見つけて、それらをじっくり“比較”するのではないでしょうか?

現在では、むしろそれが“普通の行動”です。

そうなると、大切なのは「他店より情報が豊富であること」

たとえば、あなたが、AとB、2つのお店を候補として選んだとします。

A店のホームページには、

・ 店名

・ 料理ジャンル ( フレンチ / イタリアン / 和食 など)

・ 料金

・ 電話番号

の情報だけが載っていました。

B店のホームページには、それらの情報に加え、

・ 料理やコースの詳しい情報

・ 店内の写真

・ 個室の有無

・ 接待やデートに向いています、おまかせ下さいという情報

・ 席の空き状況がわかる「予約フォーム」

の情報が載っていたとします。

あなたなら、A店とB店、どちらに先に連絡をしますか?

また、B店のように情報が豊富なお店が、ほかに10店舗ほどネットで見つかったとしたら、わざわざA店に電話をして情報を聞くでしょうか?

A店が「SNSで絶賛されていた」、「雑誌で紹介されていた」、「先輩が以前、使ったお店だった」といった特別な理由がなければ、あえて電話をして情報を得る前に、ネット検索で見つかるお店に決めてしまうのではないでしょうか?

・・・

そのように、今は「検索して買う」というのが、私たちのスタンダードとなっています。

それはもう、ネットショッピングの場面だけではありません。
すでに“店頭”でも「検索」は行われています。

ポイントは、やはり「スマートフォンの普及」。

皆さんは家電店に行った時など、スマホで「その商品のクチコミ」「似たようなライバル商品の情報」「ネット上のお値段」などを調べたことはありませんか?

わたしはよくやっています (〃ω〃)

本屋さんでも、古着屋さんでも、“評判”を調べたり、公式HPを見たりしています。

野菜の直売所で「ジャム」を買う時に、QRコードがついていたのでその場でHPを見たこともありました。
( ※ 砂糖からその店で自作しているということが面白いなと思って、そのジャムを買っていきました (*´ω`*))

・・・

そのように、ネット上であっても、店頭であっても、今は“検索”される世の中になっています。

あらゆる場所やタイミングで、商品情報は調べられ、競合と“比較”される時代です。

だからこそ、私たち“売り手”(メーカーや販売店)は、他店・他社よりも

・ 商品を様々な角度から見た情報を

・ 豊富に載せておく

ことが求められます。

もし、あなたが他店と同じような情報しか載せなかった場合、お客さまは「価格」で判断しようとするでしょう。

それが、一番わかりやすく“比較”できる情報だからです。

実際、“競合製品と似たような紹介文”が載っていることの多い「Amazon」では、みなさん“価格”で判断することが多いのではないでしょうか。

・・・

「短い商品紹介文」が”買い物の仕方”に合っていたのは、“平成”の時代まで…。

令和”の時代は、スマホを持って買い物をする時代。

“情報”がココロを動かし、購買行動を左右するカギとなっています。

お客さまのココロを動かすため、ぜひ「色々な角度から見た商品紹介文」を作っていきましょう!

— 「ことのは塾」 山梨 栄司


--- 「ことのは塾」が20年かけて集めてきた“商品紹介文のノウハウ”を、オンライン教室で公開しています!

2021年6月の講座ラインナップはこちら!

◆ 2021年 6月 10日 (木) 14:00~16:00

『欲しくなる 商品紹介文の書き方 勉強会』 【無料】

2021年 6月 17日 (木) 14:00~16:00

『ツカミの達人! ~ キャッチコピーのつくり方』【無料】

2021年 6月 23日 (水) 14:00~16:00

『欲しくなる 商品紹介文の書き方 勉強会』【無料】 ※ 6/10と同内容です

・・・

「商品紹介文の書き方 勉強会」は、

・ 今の時代に合った“商品紹介文”とは?

・ どんなポイントに気をつけたら、効果的な紹介文になる?

・ 具体的な書き方のコツは?

といった、“基本”の内容をお話しています。

5月に開催したところ、大変ご好評をいただきまして、6月にも同じ内容で開催させていただくこととなりました。

一度参加された方から「面白い」、「わかりやすい」、「実際に商品紹介文が書ける」などのクチコミを聞いて参加される方も多く、前回は“満席”となりました(≧∇≦)/

・・・

その講座には、全国各地から25名の方にご参加いただき、たくさんの“商品紹介文”が出来上がりました (*^^*)

( 時間内に【実践の時間】があり、その場で自社商品の紹介文を書いていくのです! )

この時代だからこそウケる“商品紹介文”の書き方を知りたい方は、ぜひいらっしゃって下さい!

あなたの商品の魅力、言葉にします

今、新たにホームページやネットショップを持つ会社やお店が増えています。

「ことのは塾」にもホームページ制作のご依頼が多く寄せられておりまして、この春のスタートに向けて準備を進めています (*^^*)

コロナをキッカケに生活が変わり、欲しいモノ、買うモノ、買うトコロも変わってきています。

今までホームページやネットショップを必要としていなかった飲食店や農家さんなども、自前のHPを持ち、自分のネットショップで“販売”をするようになってきました。

ここで一つ、確認しておいていただきたいことがあります。

『 あなたの商品は、写真がキレイなら売れますか? 』

インスタグラムで売れているモノ = 写真が良ければ買ってもらえるモノは、実はごく限られたモノでしかありません。

ファッション、アクセサリー、見栄えの良い食べ物・・・そういった商品は、写真の映りが命。

美しい写真だけで売れることがある商品です。

でも・・・

あなたの商品は「見栄えが良ければ売れるモノ」でしょうか?

「写真に写らないトコロにこそ、魅力がある商品」ではないでしょうか?

写真が良ければ売れるモノは、確かにあります。

そういった商品の方が画面や紙面に映えるので、マスコミにもよく取り上げられます。

でも、世の中の大半の商品やサービスは、「その魅力が写真には写らない」ものですよね?

写真だけでは魅力が伝えられない場合、その写真に添える“言葉”が大切になってきます。
( 今、流行りの「動画」や「ライブコマース」だって、“言葉”がなければ、100%の魅力は伝わりません )

でも、いざホームページに「魅力的な商品紹介文」、「お客様の気をひくキャッチコピー」を書こうとすると、なかなかスムーズにいかないことも多いです (^_^;)

そんな時は、ぜひ「ことのは塾」を呼んで下さい!

「 どんな人が作っていますか? 」

「 他より高い(安い)のは、何か理由があるのですか? 」

「 どんなところが他の商品と違いますか? 」

といった“質問”をしながら、あなたのお店や会社、あなたの商品の「魅力」を一緒に見つけ出して、“言葉”にしていきます。

・ ホームページ
・ チラシ
・ 看板 / のぼり
・ パッケージ
などを作ることができます。

興味を持っていただけましたら、こちらのページに詳しい内容が載っております。
ぜひ参考にしてみて下さい (*^^*)

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください