頭のいい モノ選び

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

ワタシが「いいなぁ」と思った“キャッチコピー”を紹介するコーナー。今回はこちら!(≧∇≦)/

『頭のいい コンパクトな モノ選び』( Begin 2021年7月号 )

モノが世の中にも、身の回りにもあふれている現代…

ただ単に「モノを所有したい」という欲求は、すでに“時代遅れ”となり、

現代では「自分に合ったものだけを厳選して持ちたい」「私の基準で、賢く買い物をしたい」と考える人が増えています。

そんな風に感じている人にとって、この「頭のいい モノ選び」という言葉は、ピン!とくるのではないでしょうか。

この特集では、「家の中に余計なモノを置かず、シンプルに暮らす」、「外出する時の持ち物も、以下にかさばらないようにできるかが勝負」といった内容で、様々なグッズが紹介されています。

まさに「頭のいい コンパクトな モノ選び」。

余計なモノを持たない、というポリシーを持っている人には、とても響く言葉ではないでしょうか?

特に、「私、○○には、ちょっとうるさいよ~」と一家言持っていることを自認しているような人には、「頭のいい~」という表現が気に入られそうです (≧∇≦)

・・・

自分のポリシー”という意味では、こちらの言葉も響きました (≧∇≦)/

『私に合う、が すべて。』( 美的 2021年7月号 )

“私”という基準をしっかりと持ち、

“私に合っているかどうか”という視点で、モノを選び、美容法を選ぶ。

マーケティング 4.0時代(2010年~)は、「自己実現の時代」、「自尊の時代」と言われますが、実際の私たちの生活もだんだんそうなってきていますね。

・・・

これらのキャッチコピー・パターン、あなたの商品にも使えないでしょうか?

キーワードは「ポリシーに合っている」。

あなたの商品・サービス・お店は、どんなポリシーを持っている人に好まれていますか?

それをうまくこの言葉に当てはめてみましょう。

・・・

たとえば、あなたの会社で、“家族想いのお父さん・お母さん”のための機能や装備がついているクルマを売っているのなら、こんな言葉はどうでしょうか?

頭のいい "家族想い"な クルマ選び

「 家族想いのお父さん・お母さんは、クルマ選びの時、こんなところを見ていますよ」、「こうやって賢くクルマを選んでいますよ」という内容で、うまく視点を誘導することで

「なるほど、こういう機能がついていると家族が嬉しいのか…うん、これはいいな!」

とその機能や装備の大切さに気づいてくれるはず。

頭のいい カバン選び ~ ワンランク上の信用が得られる 3つの視点

できるビジネスマンは、“頭のいい”という言葉が似合います (*^^*)

取引先からの信頼が一番!と考えている人なら、「信用が得られるカバン選び」という話に興味が湧くのではないでしょうか。

私の"体質"に合っている、がすべて。

たとえばサプリメントを販売している会社なら、こんな言葉が似合いそうです。

「太りやすく、やせにくい…そんな体質の方には、こちらのサプリ」

「夏は暑がり、冬は寒がり…そんな体質の方には、こちらのサプリ」

と色々な体質の“パターン”をお客さまに見せることで、「あ、私はこの体質だ」と思うところでピン!とくるはず。

「そういう体質の私に合っているのね」、「私に合ったサプリなのね」と思ってもらえたら、その後の商品紹介も受け入れてもらいやすいでしょう。

私の"髪質"に合っている、がすべて。 ~ タイプ別 コンディショナーガイド

ある美容院では、「おすすめしたいシャンプーやコンディショナーは、当然、"髪質"によって異なる」ということで、お店で販売しているシャンプーやコンディショナーを髪質タイプ別に分けた表を用意していました。

そのような表を見せながら、「お客さまの場合は、A-3、あるいはA-5の髪質ですので、○○のコンディショナーが合っています」と説明されたら、「私の髪質に合うコンディショナーが欲しい」と思っているお客さま(大半がそうでしょう (^_^;))のココロに響きますよね。

・・・

“お客さまのポリシー”や、“お客さまの個性”を大切にしたキャッチコピー…ぜひ考えてみて下さい!

--- 「ことのは塾」 山梨 栄司

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください