【自社ほめ】~ 日本(人)に合わせました

eizi2002年から、のべ20,000時間以上、商品やサービスを“ほめ”続けてきた「ことのは塾」が贈る、『自社商品をもう一度、ほめ直そう!』というプロジェクト。

商品愛を高め、自信を持ってお客様におススメできるようになるために…あなたの良い商品、良いサービスをもう一度、見つめ直してみませんか?

今日の“自社ほめ言葉”はこちら!

『 日本(人)に合わせました 』

--- 海外とのモノ・情報のやり取りが盛んになって、日本と海外の差はどんどん無くなろうとしています。

しかし、モノや情報の差が無くなったとしても、日本人の“好み”“常識”“体型”“社会事情”がすぐに変わるわけではありません。

たとえば、カレーライスやパクチーなど辛さや風味が独特の料理は、“本場”の味そのままではなく、日本人の口に合わせた味にするお店が少なくありません。

他にも、「フランスで流行のデザインを、日本人の体型に合わせたワンピースに仕立てました」というような洋服・・・

「ドイツ車の堅牢さはそのままに、日本の道路事情に合わせたクルマに仕上げました」といったクルマ・・・

「日本人の好みに合わせた香水」「日本の家のサイズに合わせた家具」など、“日本人”に合わせたモノやサービスがたくさんあります。

世の中がグローバル化していけばいくほど、「日本人に合わせた○○」は、逆に求められるようになっていくのかも知れません。

・・・

あなたの商品やサービスも、“日本”や“日本人”に合わせたトコロはありませんか?

別に“海外から取り寄せたもの”でなくても、「日本人が使いやすいようにしよう」と考えることは、むしろ自然なこと。

「 日本人の好きな、淡いイメージで作りました 」

「 日本の風土に合う家にしました 」

「 日本人が“懐かしい”と感じるような味に整えました 」

「 日本人の標準的なサイズで作りました 」

「 日本人の肌質に合わせたエステです 」

・・・など、自然と“日本人”に合わせているコトもきっとあるでしょう (*^^*)

 

今日のポイント!

あなたの商品・サービスが“日本”に合わせているコトは何ですか?

[insert page='insert_page1' display='content']

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください