【自社ほめ】~ 男性/女性、“限定”しません!

eizi2002年から、のべ20,000時間以上、商品やサービスを“ほめ”続けてきた「ことのは塾」が贈る、『自社商品をもう一度、ほめ直そう!』というプロジェクト。

商品愛を高め、自信を持ってお客様におススメできるようになるために…あなたの良い商品、良いサービスをもう一度、見つめ直してみませんか?

今日の“自社ほめ言葉”はこちら!

『 男性/女性、“限定”しません!  』

— 「男女差別をなくしていこう」

そう言われるようになった昨今、商品やサービスも「男性向け」、「女性向け」という“くくり”が取り払われているように感じます。

・ 女性がひとりで入りやすいような工夫をしている居酒屋

・ 男性客が入りやすいネイルサロン

のように、「今までは入りにくかった」お店を入りやすくした、というところが増えてきました。

他にも

・ 男性用の「化粧品」

・ 女性用の「トランクス」

などのように、一般に“女性用” / “男性用”と考えられてきたモノを、あえて逆転させることで、新しいニーズや新しい使い方を提案しているモノも多く出ています。

・・・

それまで“当たり前”とされてきたコトをひっくり返すのには、並々ならぬ努力や工夫が必要だったでしょう。

世間からの視線も厳しいものがあるのだと思います。

でも、お客様のことを考え、その“壁”を乗り越えてきたことは称賛されて然るべき。

ぜひ、アピールしていきましょう!

 

今日のポイント!

あなたの商品・サービスは、男性用/女性用の壁を壊していますか?

 

『 私もこの商品、大好きなんです! 』

その一言はお客様と会社やお店をつなぐ“魔法の言葉”

営業・販売を担当する方が、心の底から自社商品を好きになると、それはお客様にも伝わります。

そのためには「自社商品の“ほめ言葉”」をもっともっと知ることが大事。

御社の商品をもっと魅力的に見せるため、「“商品愛”を高めるワーク」をしてみませんか?

開催実績や「よくある質問」はこちらのページに載っております。

SNSで「ことのは塾」をフォローしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください