【自社ほめ】~ オーダーメイド、できます。

eizi2002年から、のべ20,000時間以上、商品やサービスを“ほめ”続けてきた「ことのは塾」が贈る、『自社商品をもう一度、ほめ直そう!』というプロジェクト。

商品愛を高め、自信を持ってお客様におススメできるようになるために…あなたの良い商品、良いサービスをもう一度、見つめ直してみませんか?

今日の“自社ほめ言葉”はこちら!

『 オーダーメイド、できます。 』

--- オーダーメイド・・・と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

 

オーダーメイドのスーツや、オーダーメイドの枕、オーダーメイドの靴など、世の中には様々な“オーダーメイドできる商品”があります。

 

あなたがもし“オーダーメイドできるモノ”を扱っているのなら、ぜひそれを大きくアピールしていきましょう。

 

ポイントになるのは、

 

なぜ、オーダーするのか?

 

オーダーメイドをアピールする時、つい「“どこを”オーダーメイドできるのか?」を伝えてしまうことが多いです。

 

その情報も、もちろん大事。

 

「 時計の文字盤の色、短針・長針の色やデザイン、ベルトの素材や色などをあなた好みに変えることができます 」

 

というように、“変えられる部分”を具体的に伝えてあげることで、

 

「 どんな風に変えてみようかな…? 」と想像することができます。

 

想像すると、買いたくなります…つまり、お客様をお店に呼ぶのに効果的な情報です。

 

ですが、このような情報が効くのは、「すでにその商品がほしい、と思っている人」だけ。

 

時計に興味のない人が、「文字盤の色が変えられますよ」と言われても、「それ、欲しいな」と思うことはあまりないでしょう。

 

まだその商品を欲しいと思っていないお客様には、

 

「 私は、こういう理由で“オーダーメイド”にしました 」

 

という「お客様の声」のようなエピソードを伝えてあげるのが効果的。

 

「 背が小さくて、街のアパレル店ではサイズが合うモノがほとんど見つけられないワタシ…。でも、みんなと同じようにおしゃれがしたい!と思って、オーダーメイドのお店を探して、ここにたどり着きました」

 

こんな風に見せてあげることで、

 

「あ!ワタシと同じようなことで悩んでいる人がいるんだ…」

「 私と同じような理由で買っている人がいるんだ… 」

 

と思えると、その商品を買う“心理的ハードル”がぐっと下がります。

 

今日のポイント!

あなたの商品は、オーダーメイドができますか?

お客様はどのような理由で、オーダーメイドを頼むのですか?

[insert page='insert_page1' display='content']

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください