【自社ほめ】~ オーダーメイド、できます。

eizi2002年から、のべ20,000時間以上、商品やサービスを“ほめ”続けてきた「ことのは塾」が贈る、『自社商品をもう一度、ほめ直そう!』というプロジェクト。

商品愛を高め、自信を持ってお客様におススメできるようになるために…あなたの良い商品、良いサービスをもう一度、見つめ直してみませんか?

今日の“自社ほめ言葉”はこちら!

『 オーダーメイド、できます。 』

— オーダーメイド・・・と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

 

オーダーメイドのスーツや、オーダーメイドの枕、オーダーメイドの靴など、世の中には様々な“オーダーメイドできる商品”があります。

 

あなたがもし“オーダーメイドできるモノ”を扱っているのなら、ぜひそれを大きくアピールしていきましょう。

 

ポイントになるのは、

 

なぜ、オーダーするのか?

 

オーダーメイドをアピールする時、つい「“どこを”オーダーメイドできるのか?」を伝えてしまうことが多いです。

 

その情報も、もちろん大事。

 

「 時計の文字盤の色、短針・長針の色やデザイン、ベルトの素材や色などをあなた好みに変えることができます 」

 

というように、“変えられる部分”を具体的に伝えてあげることで、

 

「 どんな風に変えてみようかな…? 」と想像することができます。

 

想像すると、買いたくなります…つまり、お客様をお店に呼ぶのに効果的な情報です。

 

ですが、このような情報が効くのは、「すでにその商品がほしい、と思っている人」だけ。

 

時計に興味のない人が、「文字盤の色が変えられますよ」と言われても、「それ、欲しいな」と思うことはあまりないでしょう。

 

まだその商品を欲しいと思っていないお客様には、

 

「 私は、こういう理由で“オーダーメイド”にしました 」

 

という「お客様の声」のようなエピソードを伝えてあげるのが効果的。

 

「 背が小さくて、街のアパレル店ではサイズが合うモノがほとんど見つけられないワタシ…。でも、みんなと同じようにおしゃれがしたい!と思って、オーダーメイドのお店を探して、ここにたどり着きました」

 

こんな風に見せてあげることで、

 

「あ!ワタシと同じようなことで悩んでいる人がいるんだ…」

「 私と同じような理由で買っている人がいるんだ… 」

 

と思えると、その商品を買う“心理的ハードル”がぐっと下がります。

 

今日のポイント!

あなたの商品は、オーダーメイドができますか?

お客様はどのような理由で、オーダーメイドを頼むのですか?

 

『 私もこの商品、大好きなんです! 』

その一言はお客様と会社やお店をつなぐ“魔法の言葉”

営業・販売を担当する方が、心の底から自社商品を好きになると、それはお客様にも伝わります。

そのためには「自社商品の“ほめ言葉”」をもっともっと知ることが大事。

御社の商品をもっと魅力的に見せるため、「“商品愛”を高めるワーク」をしてみませんか?

開催実績や「よくある質問」はこちらのページに載っております。

SNSで「ことのは塾」をフォローしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください