【自社ほめ】~ 長い時間、かかります。

eizi2002年から、のべ20,000時間以上、商品やサービスを“ほめ”続けてきた「ことのは塾」が贈る、『自社商品をもう一度、ほめ直そう!』というプロジェクト。

商品愛を高め、自信を持ってお客様におススメできるようになるために…あなたの良い商品、良いサービスをもう一度、見つめ直してみませんか?

今日の“自社ほめ言葉”はこちら!

『 長い時間、かかります。 』

--- かかる時間を短くするサービスが流行っている今でも、逆に「長い時間かかる」ことが“ほめポイント”になるコトが、たくさんあります。

 

「 園内には小さなお子さんが遊べる遊具がいっぱい! 1日では遊び尽くせないほどのレジャーランドです 」

「 全10巻の大長編。男たちのロマンが詰まった、大傑作です。ゴールデンウィークに全巻読破を目指してみては? 」

というように、「たくさんあって、すぐには終わらない」ということが価値になることがあります。

 

ディズニーランドが人気なのは、“1日では遊びきれない”、アトラクションの多さもその理由の一つではないでしょうか。

しぶしぶ子どもたちの付き添いでディズニーランドに行く、というお父さんは、長い時間にうんざりしてしまうかも知れませんが (^_^;)、ディズニーランドが大好き!という人たちにとっては、あの規模こそが魅力。

 

同じように、ずっと待ち焦がれていた好きな作家さんの新作が、あまりに薄かったらがっかりしてしまいますよね (^_^;)

それが好きな人にとっては、“時間がかかる”ことも魅力の一つ。

 

・・・

 

その他にも、

「 今、お申込みいただくとスーツの完成は半年後。じっくり時間をかけて、あなただけのオーダースーツを縫い上げていきます。ぜひじっくりとお付き合いください 」

と、このように“長い時間がかかることが価値の一つ”となるような業界もあるでしょう。

 

「 注文が殺到しておりまして、今、ご注文いただくと8ヶ月後のお届けとなります 」

ということが、“プレミアム感”を出して、余計に注文が増える、なんていうことも珍しくありません。

 

今日のポイント!

あなたの商品・サービスは、どんなことに“時間がかかる”ものですか?

[insert page='insert_page1' display='content']

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください