【自社ほめ】~ 自分たちで作っています

eizi2002年から、のべ20,000時間以上、商品やサービスを“ほめ”続けてきた「ことのは塾」が贈る、『自社商品をもう一度、ほめ直そう!』というプロジェクト。

商品愛を高め、自信を持ってお客様におススメできるようになるために…あなたの良い商品、良いサービスをもう一度、見つめ直してみませんか?

今日の“自社ほめ言葉”はこちら!

『 自分たちで作っています 』

--- 一つの商品を作るのには、様々な材料や道具が必要。

その全てを自社で用意するのは、あまり現実的ではありませんね。

多くの会社が材料の製造や、使う道具のメンテナンスなどを社外に頼っているでしょう。

実際、社外に委託してしまった方が手間もかからず、精度も高い。
社員がその作業をするよりもコストも下げられるということもあるかも知れません。

しかし、そこを“あえて”自社でやっている、というところにこそアピールポイントは隠れています。

「 ホテルの朝食で出しているグリーンサラダは、どうしても“新鮮さ”にこだわりたかったので、自家菜園でつくったものをお出ししております 」

「 この地域の高校受験は少し変わっているので、市販の参考書ではカバーできなくて、この塾オリジナルの参考書を作って生徒たちに渡しています 」

「 業者に任せればラクでいいとは思うのですが、美容院で使うリネン類はすべて自分たちで洗っています。ニオイや汚れが残っていたりしたらお客様に申し訳ないですから、そこは慎重にやっています 」

このように、あえて自分たちでやっているコトには、“理由”があることが多いのではないでしょうか?

それは、お客様からはなかなか“見えにくい”ことでもあるでしょう。

しかし、お客様のためを想って“あえて自分たちでやっている”のなら、それは自信を持ってアピールしてみてはいかがでしょうか?

 

今日のポイント!

あなたの会社・お店では、何を“あえて自分たちで”やっていますか?

[insert page='insert_page1' display='content']

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください