【自社ほめ】~ こんな人へのプレゼントに最適です

eizi2002年から、のべ20,000時間以上、商品やサービスを“ほめ”続けてきた「ことのは塾」が贈る、『自社商品をもう一度、ほめ直そう!』というプロジェクト。

商品愛を高め、自信を持ってお客様におススメできるようになるために…あなたの良い商品、良いサービスをもう一度、見つめ直してみませんか?

今日の“自社ほめ言葉”はこちら!

『 こんな人へのプレゼントに最適です 』

— プレゼントを選ぶ時・・・贈る相手のことを考えながら、選ぶ方が多いでしょう。

「 これ、使ってくれるかな? 」

「 これなら喜ぶかな? 」

そう考える時間は楽しいものであり、一方でアタマを悩ませるところでもあります。

そこで「こんな人へのプレゼントに最適です」と教えてあげることで、お客様の悩みをちょっと軽くして差し上げましょう!

・・・

ポイントは、対象を少し絞り込むこと。

「 クルマ好きの彼へのプレゼントに最適です 」

と、これでは少し対象が広すぎ。

「 かっこいいスポーツカーが自慢の彼には、こんなプレゼントはいかが? 」

「 家族と一緒にドライブに行くのが楽しいお父さんには、このプレゼントが最適! 」

「 毎日、通勤に愛車を使っている彼女には、こんな贈り物が喜ばれます 」

このように少し対象を絞り込むことで、「あ、あの人はそういう人だから、これ喜びそう」と想像することがカンタンになってきますね。

・・・

プレゼントには“モノ”だけではなく、“サービス”も好まれるようになってきました。

「 休日はいつも“なんとなく”家で過ごしちゃう、そんなお父さん、お母さんに「映画デート」のプレゼントをしませんか? 」

「 自分のことはいつも後回し・・・そんなママに“ちょっと豪華な美容院”をプレゼントしませんか? 」

「 “出産祝い”は“赤ちゃんのモノ”が多いので・・・「パパママが使える出産祝い」はいかがですか? 」

プレゼントは“相手”がいるからこそのものですから、「こんな人に喜ばれます」という情報は、お客様にとってもありがたいもの。

 

今日のポイント!

あなたの商品は、どんな人への贈り物に最適ですか?

 

『 私もこの商品、大好きなんです! 』

その一言はお客様と会社やお店をつなぐ“魔法の言葉”

営業・販売を担当する方が、心の底から自社商品を好きになると、それはお客様にも伝わります。

そのためには「自社商品の“ほめ言葉”」をもっともっと知ることが大事。

御社の商品をもっと魅力的に見せるため、「“商品愛”を高めるワーク」をしてみませんか?

開催実績や「よくある質問」はこちらのページに載っております。

SNSで「ことのは塾」をフォローしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください