【自社ほめ】~ 私たちのことをわかってる!

eizi2002年から、のべ20,000時間以上、商品やサービスを“ほめ”続けてきた「ことのは塾」が贈る、『自社商品をもう一度、ほめ直そう!』というプロジェクト。

商品愛を高め、自信を持ってお客様におススメできるようになるために…あなたの良い商品、良いサービスをもう一度、見つめ直してみませんか?

今日の“自社ほめ言葉”はこちら!

『 私たちのことをわかってる! 』

— 常温保存が可能な赤ちゃん用のミルクが発売された時、あるお母さんがテレビのインタビューを受けて、

「 外出先など、粉ミルク用のお湯がすぐ手に入らない時や、赤ちゃんが大声で泣いて、ミルクの温度が下がるまで待っているのがしんどい時などがあります。この商品は本当に“私たちのことをわかってくれているな”と思いました 」

と、おっしゃっていました。

この「私たちのことをわかっている」という言葉は、最上級の“ほめ言葉”ではないでしょうか。

多くの商品やサービスは、本当にお客様のためを考えて作られています。

・ 男性でも買って帰りやすいように、箱を黒く、渋いものにした花屋さん

・ 初心者が参加しやすいように「初心者オンリーデー」を作った、スケートボードスクール

・ 外国人にもわかりやすいように、食材までちゃんと英語で説明してあるレストラン

などなど。

「 私たちの“気持ち”をわかってくれている 」

「 私たちの“都合”をわかってくれている 」

「 私たちの“弱み”をわかってくれている 」

「 私たちの“欲しいもの”をちゃんとわかってくれている 」

そのような“ほめ言葉”をあなたの商品・サービスも、もらってはいませんか?

今日のポイント!

あなたの商品・サービスは、どんな人たちのことを考えて作られていますか?

 

『 私もこの商品、大好きなんです! 』

その一言はお客様と会社やお店をつなぐ“魔法の言葉”

営業・販売を担当する方が、心の底から自社商品を好きになると、それはお客様にも伝わります。

そのためには「自社商品の“ほめ言葉”」をもっともっと知ることが大事。

御社の商品をもっと魅力的に見せるため、「“商品愛”を高めるワーク」をしてみませんか?

開催実績や「よくある質問」はこちらのページに載っております。

SNSで「ことのは塾」をフォローしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください