【自社ほめ】~ 何人で作っています

eizi2002年から、のべ20,000時間以上、商品やサービスを“ほめ”続けてきた「ことのは塾」が贈る、『自社商品をもう一度、ほめ直そう!』というプロジェクト。

商品愛を高め、自信を持ってお客様におススメできるようになるために…あなたの良い商品、良いサービスをもう一度、見つめ直してみませんか?

今日の“自社ほめ言葉”はこちら!

『 何人で作っています 』

「このワンピースは、1人の職人が最初から最後まで作っています」

というように、人数が少ないことが“ほめポイント”になることもあれば、

「 社員1,000人で、24時間ずっと安全を守り続ける警備会社です 」

というように、人数が多いことが“ほめポイント”になる場合もあります。

・・・

関わる人がなければ、

・ その人のワザや感性がオモテに出やすい

・ 最初から最後まで責任をもってもらえる

・ “ふつう”ではない、ちょっと尖ったものが期待できる

といったメリットが考えられるでしょうか。

 

逆に、関わる人がければ、

・ 多くの人の技術やノウハウが集まるので、よりレベルの高いものを実現できる

・ 誰かが休んでも代わりの人がいるなど、安心できる

・ たくさんの人の目でチェックするから、不具合が少ない完成品が期待できる

といったメリットが考えられそうです。

 

そこに関わる人が多くても、少なくても、“ほめポイント”は生まれ得るもの。

あなたの商品・サービスは、何人が関わっていますか?

 

『 私もこの商品、大好きなんです! 』

その一言はお客様と会社やお店をつなぐ“魔法の言葉”

営業・販売を担当する方が、心の底から自社商品を好きになると、それはお客様にも伝わります。

そのためには「自社商品の“ほめ言葉”」をもっともっと知ることが大事。

御社の商品をもっと魅力的に見せるため、「“商品愛”を高めるワーク」をしてみませんか?

開催実績や「よくある質問」はこちらのページに載っております。

SNSで「ことのは塾」をフォローしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください