【自社ほめ】~ 叱られて直しました

eizi2002年から、のべ20,000時間以上、商品やサービスを“ほめ”続けてきた「ことのは塾」が贈る、『自社商品をもう一度、ほめ直そう!』というプロジェクト。

商品愛を高め、自信を持ってお客様におススメできるようになるために…あなたの良い商品、良いサービスをもう一度、見つめ直してみませんか?

今日の“自社ほめ言葉”はこちら!

『 叱られて直しました 』

— “叱られて”という言葉は、ほめ言葉とは一番遠い言葉のように思えますよね。

確かに“叱られた”というだけでは、ほめ言葉にはなりません。

大切なのは“直しました”という部分。

 

平成から令和の時代になって、商品やサービスはますます“早さ”を求められるようになりました。

次々と新しい商品を出すことを求められる企業は、十分な時間を取れないまま、発売をすることになってしまうこともあるでしょう。

 

発売した後に、お客様から不備を指摘されることもあるでしょう。

そのような指摘をそのままにしておかず、ちゃんと改善を行った・・・それは十分に称賛されるべきこと。

 

「 味が薄い、というご指摘があり、味付けを全面的に見直しました 」

 

「 バッグの金具が取れやすいという指摘を受け、この部分を丈夫なモノに変更しました。お取り替えもできますので、ぜひ販売店までご連絡下さい 」

 

「 業務ソフトのメニューが小さくて見づらいという声を受け、メニューを大きく表示するオプションをつけました 」

 

このような「不備を改善しました」ということがお客様に伝われば、「お、ちょっと見てみようかな」と興味をひくこともできますね。

 

「 顧客の声を無視せず、ちゃんと改善している、気持ちいい会社だな 」と思ってもらえれば、ブランド力アップも期待できます。

 

あなたの商品・サービスも、「お客様からのクレームを受けて改善をした」というようなことは無かったでしょうか?

もしあるのなら、それは“ほめ言葉のたまご”かも知れません!

 

あなたの商品・サービスには、どんな点を“改善”しましたか?

 

『 私もこの商品、大好きなんです! 』

その一言はお客様と会社やお店をつなぐ“魔法の言葉”

営業・販売を担当する方が、心の底から自社商品を好きになると、それはお客様にも伝わります。

そのためには「自社商品の“ほめ言葉”」をもっともっと知ることが大事。

御社の商品をもっと魅力的に見せるため、「“商品愛”を高めるワーク」をしてみませんか?

開催実績や「よくある質問」はこちらのページに載っております。

SNSで「ことのは塾」をフォローしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください