【自社ほめ】~ こんな苦労の末にできました!

eizi2002年から、のべ20,000時間以上、商品やサービスを“ほめ”続けてきた「ことのは塾」が贈る、『自社商品をもう一度、ほめ直そう!』というプロジェクト。

商品愛を高め、自信を持ってお客様におススメできるようになるために…あなたの良い商品、良いサービスをもう一度、見つめ直してみませんか?

今日の“自社ほめ言葉”はこちら!

『 こんな苦労の末にできました 』

--- どんな商品・サービスであっても、アイデアを思いついてから、実際に製造し、販売をして、それが売れるようになるまで、常に順風満帆ということはないでしょう。

画期的なアイデアだと思ったのに、海外の企業がすでに製品化していることがわかった・・・

設計の段階で、思った以上にコストがかかってしまうことがわかって、変更せざるを得なくなった・・・

この味を出すのに、どうしても必要な果物が不作で入手困難になってしまった・・・

新商品の名前が、外国だと別の意味に取られてしまうことがわかって、パッケージから何から作り直さなくてはならなくなった・・・

そういった“思わぬアクシデント”は、どんな商品を作る時にもきっと出てくるでしょう。

 

でも、そういった困難を乗り越えてここまでたどり着いたからこそ、あなたの商品は販売にこぎつけられています。

NHKの往年の名番組「プロジェクトX」が大ヒットになったように、お客様はそういった「苦労話」を聞くのが大好きです。

これまでに乗り越えてきた“苦労”は、ここで“アピールポイント”に昇華してしまいましょう!

アイデアを思いついた時から、この商品・サービスを販売できるようになるまでに、「思っていたのと違ったコト」は何ですか?

・ 思っていた材料がなかなか手に入らなかった
・ 思っていたよりも時間がかかった / お金がかかった
・ 思っていた人材を集めるのが難しかった
・ 思っていたような製品にならなかった

・・・などなど。

仕事をしていく中で、思っていたのと違ったコトなどは数多くあるはず。それらは全て“アピールポイントのたまご”なのです!

そして、その困難をどのようにして乗り越えてきましたか?

・ なんとか別の材料で代用できた
・ あるツテを使って、人材を集めた
・ 発売まで時間がかかることを上層部や株主に納得させた
・ 大学などにも手伝ってもらって、開発の技術を1段階上げた

・・・などなど。

“困難”を乗り越えてきたからこそ、今のその商品があるはず!

あなたの商品・サービスが乗り越えてきた“苦労”は何ですか?

[insert page='insert_page1' display='content']

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください