【自社ほめ】~ こんな苦労の末にできました!

eizi2002年から、のべ20,000時間以上、商品やサービスを“ほめ”続けてきた「ことのは塾」が贈る、『自社商品をもう一度、ほめ直そう!』というプロジェクト。

商品愛を高め、自信を持ってお客様におススメできるようになるために…あなたの良い商品、良いサービスをもう一度、見つめ直してみませんか?

今日の“自社ほめ言葉”はこちら!

『 こんな苦労の末にできました 』

— どんな商品・サービスであっても、アイデアを思いついてから、実際に製造し、販売をして、それが売れるようになるまで、常に順風満帆ということはないでしょう。

画期的なアイデアだと思ったのに、海外の企業がすでに製品化していることがわかった・・・

設計の段階で、思った以上にコストがかかってしまうことがわかって、変更せざるを得なくなった・・・

この味を出すのに、どうしても必要な果物が不作で入手困難になってしまった・・・

新商品の名前が、外国だと別の意味に取られてしまうことがわかって、パッケージから何から作り直さなくてはならなくなった・・・

そういった“思わぬアクシデント”は、どんな商品を作る時にもきっと出てくるでしょう。

 

でも、そういった困難を乗り越えてここまでたどり着いたからこそ、あなたの商品は販売にこぎつけられています。

NHKの往年の名番組「プロジェクトX」が大ヒットになったように、お客様はそういった「苦労話」を聞くのが大好きです。

これまでに乗り越えてきた“苦労”は、ここで“アピールポイント”に昇華してしまいましょう!

アイデアを思いついた時から、この商品・サービスを販売できるようになるまでに、「思っていたのと違ったコト」は何ですか?

・ 思っていた材料がなかなか手に入らなかった
・ 思っていたよりも時間がかかった / お金がかかった
・ 思っていた人材を集めるのが難しかった
・ 思っていたような製品にならなかった

・・・などなど。

仕事をしていく中で、思っていたのと違ったコトなどは数多くあるはず。それらは全て“アピールポイントのたまご”なのです!

そして、その困難をどのようにして乗り越えてきましたか?

・ なんとか別の材料で代用できた
・ あるツテを使って、人材を集めた
・ 発売まで時間がかかることを上層部や株主に納得させた
・ 大学などにも手伝ってもらって、開発の技術を1段階上げた

・・・などなど。

“困難”を乗り越えてきたからこそ、今のその商品があるはず!

あなたの商品・サービスが乗り越えてきた“苦労”は何ですか?

 

『 私もこの商品、大好きなんです! 』

その一言はお客様と会社やお店をつなぐ“魔法の言葉”

営業・販売を担当する方が、心の底から自社商品を好きになると、それはお客様にも伝わります。

そのためには「自社商品の“ほめ言葉”」をもっともっと知ることが大事。

御社の商品をもっと魅力的に見せるため、「“商品愛”を高めるワーク」をしてみませんか?

開催実績や「よくある質問」はこちらのページに載っております。

SNSで「ことのは塾」をフォローしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください