【自社ほめ】~ お客様のこんなご要望にお応えしました!

eizi2002年から、のべ20,000時間以上、商品やサービスを“ほめ”続けてきた「ことのは塾」が贈る、『自社商品をもう一度、ほめ直そう!』というプロジェクト。

商品愛を高め、自信を持ってお客様におススメできるようになるために…あなたの良い商品、良いサービスをもう一度、見つめ直してみませんか?

今日の“自社ほめ言葉”はこちら!

『 お客様のこんなご要望にお応えしました! 』

— “お客様の声”をしっかりと聞いて、商品やサービスをつくっていく企業ならば、

「 こういう機能が欲しい / こういう機能は省いていい 」

「 こんな使い勝手のモノがいい 」

「 こういう時に便利なサービスがいい 」

といったご要望を聞く機会があるでしょう。

そういったお客様からのリクエストにちゃんと応え、商品やサービスを作り上げることができたならば、それをぜひ伝えていきましょう!

大切なのは、お客様からどのようなご要望があったのか?を明示すること。

「 この部分が持ちづらいので、持ちやすくしてほしい 」

「 雨の日に利用しやすいサービスになってほしい 」

「 こういう場所で受け取れるようになったらいいなぁ 」

といった具体的なお客様のご要望を示すことで、「そうそう!そこが不便だったんだ!」、「あ、それがそうなるなら良いかも・・・」と、別のお客様の“発見”にもつながります。

 

改良された商品やサービスについて、

「 お客様のこんなご要望にお応えしました 」

と伝えることで、

1)実際にそれを使う人から必要とされた、意味のある機能やサービスが実現した

2)顧客からの要望にちゃんと応える企業姿勢

の2つをアピールすることができます。

 

きっとあなたの商品・サービスにも、“お客様の声”をヒントやキッカケにして変えた部分があるはず。

あなたの商品・サービスはどんな“お客様の声”にお応えしましたか?

 

『 私もこの商品、大好きなんです! 』

その一言はお客様と会社やお店をつなぐ“魔法の言葉”

営業・販売を担当する方が、心の底から自社商品を好きになると、それはお客様にも伝わります。

そのためには「自社商品の“ほめ言葉”」をもっともっと知ることが大事。

御社の商品をもっと魅力的に見せるため、「“商品愛”を高めるワーク」をしてみませんか?

開催実績や「よくある質問」はこちらのページに載っております。

 

SNSで「ことのは塾」をフォローしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください