「年」を考える年末年始に・・・

区切り線

このメールマガジンは、「ことのは塾」と名刺交換をさせていただいた皆さんにお送りしております。
 
eizi
 
こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。
 

2019年ももうわずかになりましたね。

お正月は、1年の中で誕生日に次いで“自分の年齢”を考える時。

そこで、みんなが気になっている“年齢”をテーマにした、こんな書き方をご紹介いたしましょう。

 

・・・

『 32歳からの東京 』

~ 東京カレンダー:2019年3月号より

 

この表現の面白いトコロは、“32歳”と中途半端な数字を出しているところ。

 

「30代の東京ガイド」といった表現に比べて、

 

「ん?なんで32歳なんだ?」

 

「そこに何か秘密があるのか?」

 

と気になってしまいますね (*´ェ`*)

 

32歳には「社会人になって10年目」という根拠があるようなのですが、これは後付けのような気もします (^_^;)

 

あえての中途半端な数字は、このように興味を惹くんですね。

 

皆さんの商品でも、「○歳くらいの人に使ってほしい」、「△歳くらいの人に似合う」といったことがあるのではないでしょうか。

そこをちょっと中途半端にしてみる。

 

すると・・・

 

◆ 13歳からのスポーツジム

 

◆ 52歳から飲むワイン

 

◆ 47歳で覚える“一人旅”

 

◆ 35歳から始めるスケートボード

 

・・・といった表現になります。

 

中途半端な年齢が「ん? なんだろう?」と思わせますね (*´ェ`*)

 

・・・

 

『 日本の40代はもっと今っぽくなれる! 』

~ STORY : 2020年 1月号より

 

こちらの表現の面白いところは、

・ 年齢・年代のことを言っているのに → 「年齢に縛られるな!」と煽っている

ところ。

 

日本人は特に“年相応”の振る舞いであるかどうかを気にするそうです。

でも、STORYを読んでいる女性は、きっと「年齢なんて関係ない!」と思っている人ばかり。

だからこそ、こういった言葉、表現が好かれるのでしょう。

 

この手の表現は、

「 年齢に負けない 」

「 年齢を諦めない 」

といった言葉が一時期から流行りました。

 

「 ○代はもっと△△になれる! 」

という表現は、そういった表現より守備範囲が広くなります。

 

年だから・・・と諦めそうになってしまいそうなコトを、「私たちだって△△したい!」と表現することで、希望を見出してもらう、というわけですね。

 

◆ 日本の50代は、もっと“華やかな色”が似合う!

 

◆ 40代で「大学」に戻ったっていい

 

◆ 子育て年代だって、もっとライブに行きたい!

 

◆ 60代だってサーフィンしていいんです!

 

こんな風に言われたら、ちょっと勇気が湧く人もいることでしょう。

「もう○歳だから、諦めなくちゃいけないかな・・・」そう思っている人の背中をちょっと押してあげて下さい!(≧∇≦)/

 

・・・

 

ここまでの話は、ともすると“女性に向けた話”と思ってはいないでしょうか?

 

いえいえ、実は男性に向けても“年代・年齢”の表現が増えてきているんです!

 

『 「若返り」入門 』~ プレジデント 2019年8月2日号

 

ビジネス誌の雄、プレジデントですら“若返り”の特集を組むほど、日本の男性は“若さ”に注目しています。

 

最近のTVコマーシャルでは、LUCIDO(ルシード)がこのようなことを言っています。

 

『 男性のスキンケアは、もはや当たり前 』~ LUCIDO ホームページより

 

一昔前なら、「おじさんなのにスキンケアしてるなんて恥ずかしい」と言われていたでしょう。

実際、TVCMでも、旧世代の象徴である覆面のキャラにそのようなことを言わせています。

 

10代の男の子たちは、もうとっくにスキンケアをしているので、メーカーがこの言葉で意識を変えていきたいと思っているのは、30代以上のおじさまたちでしょう。

 

『 もはや、当たり前 』

 

この言葉をお客様に見せてあげるのはいかがでしょうか?

 

 

たとえば、こんな感じです。

 

◆ 40代のアニメファン、もはや当たり前

 

◆ 50代男性でも“アプリで自撮り”はもはや当たり前

 

逆に「若い人」にフォーカスを当てて、

 

◆ 14歳からの海外留学は、もう当たり前

 

◆ 20代からの婚活、もはや当たり前

 

◆ 20代の“和服好き”、もう珍しくありません

 

といった感じで、「もう普通のことなんですよ」と、「え?! そうなの? じゃあ、チャレンジしてみようかな・・・」と思わせることができるはず (*´ェ`*)

 

・・・

 

もうすぐお正月、“年”のことを考える節目に、こんな伝え方はいかがでしょうか?(≧∇≦)/

 

 
— 「ことのは塾」 山梨 栄司 
 
区切り線
 

 

「 ただ“聞いて終わり”の講演にしたくないのですが・・・ 」

 

県庁の職員さんや、商工会議所のスタッフさんなど講演会の主催者である方から、こんなオーダーをいただくことが多くなってきました (*´ェ`*)

参加者の皆さんは貴重な時間を使って聞きに来て下さるのですから、“タメになる時間にしたい”という思いが伝わってきて、私も身が引き締まります。

 

もちろん、「ことのは塾」のセミナー・講演は、“聞いて終わり”ではありません。

 

◆ 実際に自社商品で“キャッチコピー”を書いてみる

◆ 組合など同業者の集まりの場では、“よくできている同業者のホームページ”を題材に話し合いをする

◆ チラシを持ち寄って、どのような点を改善したら良いか、“チラシ 個別相談”の時間を設ける

・・・などなど、様々な工夫をしています。

 

“売れる言葉”は、会社に帰ってすぐに使えるノウハウです。

私たちもそうしていただけるよう、工夫をしています。

 

「 すぐにビジネスに使えるノウハウを皆さんに知ってもらいたい 」

「 売上や利益の向上につながるハナシを聞かせたい 」

 

あなたがそう思っているのなら、ぜひこちらのページもご覧になってみて下さい。

 

多くの企業や自治体、金融機関などで行ってきた、“売れる言葉”のセミナーをぜひ、あなたのところに届けさせて下さい。

 

「ことのは塾」の“売れる言葉”セミナー

 

あなたにお会いできるのを楽しみにしております (*´ェ`*)

 
☆ すでに多くの企業や自治体が“想い”を伝える言葉を学んでいます!
 
 
区切り線
 
check twitterのフォロー、Facebookの友達申請も大歓迎です!
 twitter 
 
区切り線
「ことのは塾」の本「ことのは塾」の本、絶賛発売中!
 
 — 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。
 
“どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。
 
 誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。
 
 「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」
 
 「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」
 
 「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」
 
 などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)
 
 お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!
 
区切り線
「ことのは塾」フッター
pin 発行:「ことのは塾」
pin 住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5
pin 編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部
pin お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp
pin「ことのは塾」プライバシーポリシー

SNSで「ことのは塾」をフォローしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください