「好き」に勝ること無し!

区切り線

このメールマガジンは、「ことのは塾」と名刺交換をさせていただいた皆さんにお送りしております。
 
eizi
 
こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。
 

先日、高知県に伺って、個別相談をして参りました。

相談のお相手は、「インソール&フットケア あしすと」相原さん

https://f-ashist.com/

足やヒザ、腰のトラブルを解決するプロフェッショナルです (*´ェ`*)

「ひざが痛くて、大好きだったお散歩にも満足に行けなくなってしまったんです…」

「ゴルフをしている最中はいいんだけど、帰ってきてからの足の痛みがツラいんだよね」

「仕事中に履くパンプスが合わないみたいで、夕方が憂鬱なんです…。でも、仕事の性格上、履かなきゃいけないし…」

といった、足のお悩み、靴のお悩みをズバッと解決してしまう方 (≧∇≦)

特に、靴の中に敷くインソールを作らせたら右に出る者がいないという若き職人です。

・・・

相原さんとじっくりお話をさせてもらって感じたのは、「この人、本当に足の相談を受けるの好きなんだなぁ」ということ ( ´∀`)

「ホントに一日中、ずっと人の足を診ていたい、って思うんです」と語る目は輝いていました。

コレって、とっても魅力的。

人としてだけではなく、「足の悩みを解決するプロ」としても信頼が置けます。

たとえばあなたがカラダに不調を感じて、病院などに行ったとします。

その時、

A) 仕事だから、とりあえず診ますけど…

という態度の先生と

B) どうされました? 見せて下さい

と前のめりになって診てくれる先生だったら、どちらを選びますか?

また、どちらもちゃんと治ったとして、「どちらの先生のクチコミしますか?」= お友だちに紹介するならどちらの先生にしますか?

イヤイヤやっている態度や雰囲気は、なぜか相手に伝わります。

(不思議なんですけどね (^_^;))

時代の先端を行っているYoutuberたちは、やはり“好き”が伝わる人楽しんでいる人たちが人気になっています。

遅かれ早かれ、こういった動きは一般のビジネスにも見られるようになってくるでしょう。

( 実際、人気のヘアサロンなどは「髪をいじるのが好き!」という人がいることが人気の源泉になっていたりします )

・・・

「 私はこれが好きです 」

「こういう仕事は楽しいです」

ここをもっと発信していきましょう! (≧∇≦)/

え?・・・それは恥ずかしい?

わかります (^_^;) 自分をほめるのって、ちょっと気恥ずかしいですよね。

でもね、その気恥ずかしさにちょっと目をつぶって、自分を見てもらうことにチャレンジしてみましょう。

あなたは、どんなお客さんが来てくれると嬉しいですか?

私の場合は、「 良いモノを作っているという気持ちがある人 」が、「どんな言葉で伝えていったらいいですかねぇ?」と相談に来てくれる時が一番楽しいです (*´ェ`*)

その方の情熱やワクワク感をもらえるような感覚で、やっていて楽しいです。

あなたにも、「これはやっていて楽しい」というお仕事がありませんか?

「 小さい子に接客をしていて、似合う服を選んであげた時、パッと表情が明るくなる時が好きです 」

「 これは無理だろう…と諦めたくなるような汚れをピカピカに落とせた時に達成感を感じます 」

「スマホ初心者というおじいちゃん、おばあちゃんが大好きです。ついおせっかいを焼きたくなっちゃう。何度同じ質問されても、大丈夫です!」

↑これらは実際、私が会ったことのある方たちの言葉です。

こんな風に言う人たち、会ってみたくなりませんか?(≧∇≦)/

・・・

2020年は、どんな仕事であっても、より“感情労働”のウェイトが高くなってきます。

自分が気分良くならなければ、お客様の気分を良くすることはできませんよね。

だからこそ、もっと「好き」を伝えていきましょう!

 
— 「ことのは塾」 山梨 栄司 
 
☆ ブログランキングに参加しています!応援クリック、お願いします (*´ェ`*)
 
 
区切り線
 
 
「ことのは塾」は、こうして現場に文章相談に出ています。
 
そのため、今、何が流行っているか?、今どきのお客様はどんな言葉に反応するか?といったことを肌で感じています。
 
そういった“今、起きているコト”をいち早くご紹介していくのも、私たちの役目。
 
講演やワークショップでは、そういった最新の話題現場の話題を多く盛り込んでいます。
 
様々な流行や、使えそうなフレーズをご紹介する講演・ワークショップは、「ことのは塾」におまかせ下さい!
 
「ことのは塾」への講師依頼はこちらのページよりお願いいたします!
 
 
☆ すでに多くの企業や自治体が“想い”を伝える言葉を学んでいます!
 
 
区切り線
 
check twitterのフォロー、Facebookの友達申請も大歓迎です!
 twitter 
 
区切り線
「ことのは塾」の本「ことのは塾」の本、絶賛発売中!
 
 — 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。
 
“どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。
 
 誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。
 
 「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」
 
 「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」
 
 「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」
 
 などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)
 
 お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!
 
区切り線
「ことのは塾」フッター
pin 発行:「ことのは塾」
pin 住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5
pin 編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部
pin お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp
pin「ことのは塾」プライバシーポリシー

SNSで「ことのは塾」をフォローしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください