「○○しかできません」←→「○○だけではありません」

区切り線

eizi
 
こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。
 
先日、とある経営者の集まりで勉強会を開きました。
 
自分たちのお店のキャッチコピーを作ろう!というテーマで始まった勉強会。
 
その中で、“新しいキャッチコピーの型”が発明されましたので、皆さんにご紹介いたします! (≧∇≦)/
 
それは、
 
「○○しかできません」←→「○○だけではありません」
 
というもの。
 
このパターン、実は参加者の“ある一言”から生まれたんです。
 
『 ウチはおいしい“おにぎり”を作ることくらいしかできないよ 』
 
 
商店街の中にある、おにぎり屋さんの言葉を上手に拾ってくれたのは、同じ商店街にある食器屋さんの若旦那。
 
『 それってキャッチコピーにならないですか? 「おいしい“おにぎり”を作ることしかできません」って 』
 
これがみんなの心にグッと刺さりまして、『○○しかできません』『○○しかありません』のパターンでみんなキャッチコピーを作ることになりました。
 
以下はその一例です。
 
「 婚約指輪と結婚指輪しかありません 」(ジュエリーデザイナー)
 
「 志望校に合格させることしかできません 」(学習塾)
 
「 ぐっすり眠れる枕しか作れません 」(オーダメイド寝具販売)
 
「 初心者用のメニューしかありません 」(運動初心者に特化したフィットネスクラブ)
 
などなど。
 
こんな風に言われたら、「そうか、“専門店”なのだな」って感じられませんか?
 
専門性をアピールすることで、安心感も生まれる・・・どうせ行くならこんな店に行きたいなと、私なら思います (*´ェ`*)
 
 
驚いたのは、みなさん5分くらいでいくつもキャッチコピーを作っていたこと (*´ェ`*)
 
『 ○○しかできません 』って、一つ得意なコトを言えばいいだけなので、作るのがラクなのかも知れません。
 
・・・
 
でも・・・
 
こんな意見も出てきました (≧∇≦)
 
『 ウチは志望校に合格させること“だけ”じゃなくて、生活態度も良くなるっていうのがウリなんだよね 』
 
『 そうですね。私もメインは婚約指輪だけど、カジュアルなのも作るし・・・ 』
 
という会話の中で生まれたのが、
 
「 ○○だけではありません 」
 
というキャッチコピー・パターン。
 
 
「 婚約指輪だけではありません 」(ジュエリーデザイナー)
 
「 志望校に合格させるだけではありません 」(学習塾)
 
 
こちらもいかがでしょう? (≧∇≦)
 
ちょっと気になる言い回しになりましたよね?
 
キャッチコピーを作る時のコツは、ちょっと“謎”を残すこと。
 
そうすると、それに続く本文を読みたくなりますね (*´ェ`*)
 
・・・
 
自分がオススメする本を紹介するサイトを作っている女性は、
 
 
「 このページには、“キュンとする初恋モノ”しかありません 」
 
「 このページには、“眠れなくなるホラーモノ”しかありません・・・ 」
 
 
 
といったように、“このページでは・・・”というように区切っていました。
 
これもいい応用の仕方ですね (*´ェ`*)
 
 
お店全体では色々なモノがあって「○○だけ」と言えなくても、
 
「この棚は○○だけ」
 
「このチラシに載っているのは○○だけ」
 
「今月は○○だけ」
 
というように“区切り”を入れて、「○○だけ」を入れるのもいいですね (≧∇≦)/
 
 
・・・
 
 
「○○しかできません」←→「○○だけではありません」
 
 
あなたのお店や商品/サービスでは、どんな言葉が入るでしょうか?
 
ぜひ考えてみて下さい!(≧∇≦)/
 
 
 
--- 「ことのは塾」 山梨 栄司 
 
区切り線
 
 
--- 今日のメルマガに載せさせていただいた“売れる言葉のノウハウ”は、実際の勉強会から生まれました (*´ェ`*)
 
「 どうやって売っていったらいいだろう? 」
 
「 どんなアピールをしたら、もっとお客さんが来てくれるのかな? 」
 
そんな風に考えている社長さん、店長さんの集まりでした。
 
皆さんも今、所属しているグループで“売れる言葉”の勉強会を開催してみませんか? (≧∇≦)/
 
言葉の選び方などのノウハウを聞いて、その場でキャッチコピーや商品紹介文をつくる・・・
 
そうすることで、「ただ聞いているだけの勉強会」とは一味違った“本当の勉強会”を行うことができます。
 
今、年末・年度末の集まりに講師として呼ばれることが多くなりました。
 
皆さんも“売れる言葉”をみんなで勉強して、売り上げアップを実現しませんか?
 
どんなテーマで開催するか?のご相談や、日程の“仮押さえ”などもお問い合わせフォーム、あるいはメールから行うことができます。
 
詳しくはこちらのページもご覧下さい!
 
 
区切り線
 
check twitterのフォロー、Facebookの友達申請も大歓迎です!
 twitter 
 
区切り線
「ことのは塾」の本「ことのは塾」の本、絶賛発売中!
 
 --- 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。
 
“どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。
 
 誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。
 
 「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」
 
 「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」
 
 「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」
 
 などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)
 
 お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!
 
区切り線
「ことのは塾」フッター
pin 発行:「ことのは塾」
pin 住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5
pin 編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部
pin お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp
pin「ことのは塾」プライバシーポリシー

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください