「○○だから、こっち」~ 紹介文に迷ったら・・・

区切り線

eizi
 
こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。
 
 
今日の“売れる言葉”は、とあるアパレルショップ(洋服店)にお勤めの丸山さんに教えてもらった手法です (*´ェ`*)
 
アパレルショップには日々、たくさんの商品が届けられます。
 
中にはベテランの丸山さんでも、
 
「 この商品は、どこがアピールポイントかなぁ?? 」
 
と迷うモノも。
 
でもPOPやチラシに書く「商品紹介文」は作らなくてはなりません。
 
そんな時、こんな風に考えているそうです。
 
 
1) まず、商品をAとBの”2種類”用意する
 
2) それをお客様、あるいは社員に見せて、どちらが好きか(どちらが売れそうか)を選んでもらう
 
3) そちらが好きな”理由”を 『 こっちの方が○○だから 』 というパターンで言ってもらう
 
4) それをそのまま文章にいただいてしまう!
 
 
ポイントは「2つの商品を用意する」こと。
 
対戦させると、それぞれの良いところが浮かんできやすいんですね。
 
丸山さんは、定期的に行っている「お得意様を招待した内覧会」を上手に活用されているそうです。
 
そこに来場されたお客様にオーガニックコットンの春物と、麻の春物を見せて、
 
「 来年、どちらが売れそうでしょうか? 」
 
「 それはどうしてですか? 」
 
と質問してみるそう。
 
 
すると、
 
「 こっちの方が色合いが変わっているから、他の人と同じはイヤっていう人にウケそう 」
 
「 私の周りでは、麻素材が流行ってる感じがするから、こっちかな 」
 
「 こういう風合いのモノはインスタで肌がキレイに見えるから、こっちかな 」
 
といったような“答え”が返ってきます。
 
それをそのままキャッチコピーに使わせてもらう、というわけです (*´ェ`*)
 
 
・・・
 
 
たとえば、農産物加工品など“試食品”を2種類並べて
 
『 どちらがお好みですか? 』
 
と聞く“試食会”をしてみるのも面白いですね (*´ェ`*)
 
 
普通に「いかがですか?」と聞くだけでは、『 おいしいです 』以外の答えはなかなか返ってきません・・・。
 
「おいしい」も褒め言葉ではあるのですが、抽象的すぎて紹介文に使える言葉にはなりません。
 
(「しょっぱすぎる」、「甘すぎる」など“ダメ出し”の言葉は具体的に返ってくるのですが・・・ (^_^;))
 
 
そこで、あえて2種類の試食品を作って、“比べて”もらうわけです。
 
 
「同じ茶葉を使った“煎茶”と“ほうじ茶”です。飲み比べて、どちらがお好みかシールを貼っていって下さいね」
 
と呼びかけて、シールを貼ってくれた人に
 
「 どうしてこちらを選んだのですか? 」
 
と聞いてみると、
 
「 こっちの方が飲み慣れてるから 」
 
「 この季節はこっちがいいかな 」
 
「 私はおやつにクッキーが多いので、こちらです 」
 
など具体的な言葉が返ってきやすいですよ (*´ェ`*)
 
 
・・・
 
 
「学習塾」など、商品が2つ無い場合もあるでしょう。
 
その時は、他店・他社(=他の学習塾)と比べて、どちらが良いかをジャッジしてもらうと良いでしょう。
 
 
「ことのは塾」会員のある学習塾では、他の塾にも通ったことのある生徒に
 
『 他の塾と、この塾とどっちがいい? 』
 
『 どうしてそう思う? 』
 
と質問をしてみると、
 
 
「 先生がやさしい 」
 
「 定期テストの前に”特別授業”をやってくれるのがうれしい 」
 
「 ただ偏差値で区切るのではなくて、君の得意分野だとA高校がいいよ、部活をずっとやっていきたいならB高校もいいよ、と親身になって考えてくれたところ 」
 
 
といった“答え”が返ってきました。
 
 
返ってきた”答え”を生徒募集のチラシに載せていくのもいいですね (*´ェ`*)
 
『生徒のセリフ』はとっても目をひくキャッチコピーになるんですね。
 
 
・・・
 
 
2つを比べる
 
という非常にカンタンな、この”書き方パターン”。
 
ですが、とっても強力です!
 
 
あなたも商品を2つ用意して、
 
「どっちがいいかなぁ?」
 
と考えてみて下さい!
 
 
きっと良い”売り文句”が浮かんできますよ!!
 
— 「ことのは塾」 山梨 栄司 
 
区切り線
 
— 全国各地のセミナーでお話させていただいているのですが、
 
「 時間が短かった!」、「 もっと聞きたい 」
 
「 キャッチコピーの具体的な作り方などは、どうやって勉強すればいいですか? 」
 
「 今日聞いた話を、来れなかった社員たちとも共有したい 」
 
といったお声をたくさんいただきます。
 
そこで! 「ことのは塾」では、DVD教材をご用意しております。
 
・ 「お客様の声」の上手な使い方
 
・ 商品の“正しい”アピールポイントの見つけ方
 
・ 興味を持ってもらうための言葉、買ってもらうための言葉
 
など、これまで「ことのは塾」が全国各地の企業やお店と一緒に作ってきた“売れる言葉”のノウハウが満載です!
 
 
良い商品を、ちゃんと売っていきたい・・・
 
そうお考えならば、ぜひお手元に置いてあげて下さい。
 
 
社内研修や、店舗研修にもよく使われています。
 
 
 
区切り線
 
秋から冬にかけての講演/セミナー、ワークショップ講師の受付中です。
 
「せっかくの良いモノだから、お客さんにもっと買ってもらいたい」
 
そう思っていらっしゃいませんか?
 
“良いもの”をちゃんと売って(作って)いるあなたにこそ、「売れる言葉」のノウハウがチカラになります。
 
今年は、一般企業からの引き合いの他に
 
・ 商工会議所 / 商工会
 
・ 市役所 商工課
 
・ 県庁 産業課
 
など、「地域の商業・工業を応援する」立場の機関からのご依頼が増えています。
 
『「ことのは塾」のセミナーを受けてみたい』というあなた! お近くの商工会議所や役所に頼んでみるのも良い手かも?!
 
 
あなたにお会いできるのを楽しみにしております (*´ェ`*)
 
区切り線
check twitterのフォロー、Facebookの友達申請も大歓迎です!
 twitter 
 
区切り線
「ことのは塾」の本「ことのは塾」の本、絶賛発売中!
 
 — 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。
 
“どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。
 
 誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。
 
 「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」
 
 「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」
 
 「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」
 
 などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)
 
 お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!
 
区切り線
「ことのは塾」フッター
pin 発行:「ことのは塾」
pin 住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5
pin 編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部
pin お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp
pin「ことのは塾」プライバシーポリシー

SNSで「ことのは塾」をフォローしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください