使える数字 ~ 「たった〇時間で!」

区切り線

eizi
 
こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。
 
 
先日、とあるワークショップで参加者の皆さんとキャッチコピーを作ってきました (*´ェ`*)
 
ヒント無しで、「さぁ考えてみましょう!」と言っても、アイデアが出るものでもありませんので (^_^;)、このような“ひながた = パターン”に当てはめるようにして考えていきました。
 
 
◇『 コレがあれば、たった△時間で〇〇できます。 』
 
 
というパターン。
 
 
このパターンを使って、皆さんも一緒にキャッチコピーを考えてみましょう!
 
・・・
 
△に当てはめるのは、数字
 
時間の単位は「1時間」でも、「2」でも「3週間」でも構いません。
 
たとえば、“3”を当てはめてみましょう。
 
あなたの商品・サービスは、3分間で何ができるでしょうか?
 
では、3時間ならどんなコトが変わりますか?
 
3週間なら、3ヶ月なら何ができる、何が変わるでしょうか?
 
 
以前、ある会場でこのトレーニングをした時には、こんな”回答”が返ってきました (*´ェ`*)
 
 
◆『 コレがあれば、たった3分間で”無臭”にできます 』(空気清浄機)
 
◆『 ここに通えば、わずか4週間で”昔の体型”を取り戻せます』(フィットネスジム)
 
◆『 この“食材セット”なら、たった1時間で6種類の“作り置き惣菜”ができちゃいます!』(食材セット)
 
◆『 車があれば、たった2時間で”いつもと違う場所”に行けます』(レンタカー)
 
◆『 イギリスへのホームステイ・・・たった3ヶ月で人生が変わります】(留学サービス)
 
 
なかなか面白いキャッチコピーですよね。
 
・・・
 
さぁ、あなたの商品やサービスなら、「たった△時間」という数字をどう使いますか?
 
 
考えるポイントは、
 
「わずか3時間で・・・」というように、「非常に短い時間で」とアピールできるようなポイントを探すことです。
 
 
あなたの商品を使えば、”短時間”で何かができるようになるということはありませんか?
 
あなたのサービスを利用することで、比較的、”短い時間で”変わるコトはありませんか?
 
 
・ サロンで寝ているわずか2時間の間に・・・
 
・ この教材を使い始めて、わずか3ヶ月で・・・
 
・ このイベントに参加する、わずか1日で・・・
 
 
このように“時間”を区切って、「できること」、「変わること」を描くと、それがキャッチコピーとなります。
 
 
もし、個人差が大きいものや、例外もある場合には、
 
『 例外・個人差がございます 』
 
といった文言を加えておくのもいいですね (*´ェ`*)
 
・・・
 
“時間”というのは、私たちにとって非常に身近なものです。そのため、お客様も想像しやすいんですね。
 
そして、そこに”数字”を使うことで、より具体的に想像しやすくなります。
 
「短時間で〇〇できます」と言うより、「2時間で〇〇できます」と言った方がイメージが湧く。
 
具体的なイメージが浮かびやすいということは、
 
「 あ、それいいかも・・・ 」
 
とお客様も、買った後のイメージがしやすくなります。
 
買った後がイメージできるような商品やサービスは、「買ってもいいかも・・・」と思いやすくなるんですね。
 
さぁ、あなたの場合なら「たった△時間」で何ができますか? (≧∇≦)/
 
— 「ことのは塾」 山梨 栄司 
 
区切り線
 
— 全国各地のセミナーでお話させていただいているのですが、
 
「 時間が短かった!」、「 もっと聞きたい 」
 
「 キャッチコピーの具体的な作り方などは、どうやって勉強すればいいですか? 」
 
「 今日聞いた話を、来れなかった社員たちとも共有したい 」
 
といったお声をたくさんいただきます。
 
そこで! 「ことのは塾」では、DVD教材をご用意しております。
 
・ 「お客様の声」の上手な使い方
 
・ 商品の“正しい”アピールポイントの見つけ方
 
・ 興味を持ってもらうための言葉、買ってもらうための言葉
 
など、これまで「ことのは塾」が全国各地の企業やお店と一緒に作ってきた“売れる言葉”のノウハウが満載です!
 
 
良い商品を、ちゃんと売っていきたい・・・
 
そうお考えならば、ぜひお手元に置いてあげて下さい。
 
 
社内研修や、店舗研修にもよく使われています。
 
 
 
区切り線
 
今回のメルマガの内容は、ある場所で実際に行った“売れる言葉”セミナーの資料を元にしています (*´ェ`*)
 
チラシやダイレクトメールは、まだまだお店や会社の重要な“告知手段”。
 
・・・なのですが、「チラシの書き方」を習ったことがある方、となると、まだまだ少ないのが現状ではないでしょうか。
 
大きな会社なら資金がありますので、何回でも試行錯誤ができるかも知れませんが、小さな会社やお店にとっては、一回一回が勝負。
印刷や配布にどうしてもコストはかかってしまいますが、その“見返り”はできるだけ大きくしたいものです。
 
そこで知ってほしいのが「上手な“売れる言葉”の書き方」。
ここに“追加コスト”はかかりません。
 
実際、これまで出していたチラシの“内容”を変えて、売上&利益をアップさせたお店・会社は少なくありません。
(この秋も、静岡、熊本などの自治体、組合などに呼ばれてセミナーをやってまいります)
 
“良いもの”を作ったり、売ったりしているあなたにこそ、「売れる言葉」のノウハウを知ってもらいたい・・・
 
そう思って、全国を飛び回っております!(≧∇≦)/
 
ぜひ、あなたの会社や組合でも、「ことのは塾」を呼んで下さい!
 
 
あなたにお会いできるのを楽しみにしております (*´ェ`*)
 
区切り線
check twitterのフォロー、Facebookの友達申請も大歓迎です!
 twitter 
 
区切り線
「ことのは塾」の本「ことのは塾」の本、絶賛発売中!
 
 — 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。
 
“どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。
 
 誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。
 
 「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」
 
 「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」
 
 「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」
 
 などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)
 
 お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!
 
区切り線
「ことのは塾」フッター
pin 発行:「ことのは塾」
pin 住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5
pin 編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部
pin お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp
pin「ことのは塾」プライバシーポリシー

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

--- 「ことのは塾」のこれまでの経験やノウハウを駆使して、あなたの商品、ブランドを魅力的に見せる言葉”を一緒に考えていくサービスです。

今年はコロナ禍”によって売り上げが大きく変わった企業やお店、個人事業主さんからのご相談をたくさんいただいております。

「 コロナ時期だからこその新しい商品をホームページに載せたいのですが、どのような紹介文を書いたら良いでしょうか? 」

「 今まで対面でやってきた教室をオンライン教室にしたいと思っています。どんな内容にしたら良いでしょうか? 」

「 オンライン営業に効果的な資料を作りたいと思っています。どんな書き方が良いでしょうか?」

といったご相談をいただいております。

“変化”は見方を変えれば“チャンス”でもあります。

実際、「ことのは塾」のお客様でコロナ時期にファン客を増やした企業やお店もたくさんございます。

この時期を一緒に超えていきませんか?

【 実は今、“相談しやすい時期”なんです! 】

☆ 実は、国や都道府県でも、コロナ対応の政策として「専門家への相談」に対する補助を出しているケースがございます。

ひとりで悩んでいるのなら、ぜひ「ことのは塾」へご相談下さいね (*^^*)

「相談してみようかな…」と思ってくれた方は、こちらのページも合わせてご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください