【誌上セミナー】実践!チラシの勉強会~その3~そのチラシを読んだ“後”に何してもらう?

区切り線

eizi
 
こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。
 
前回に引き続き、チラシを作る時の3つのチェックポイントについて見ていきましょう (*´ェ`*)

今日は、最後のポイント
 
3) どのようなアクションにつなげる?
 
という点についてじっくり見ていきましょう。
 
チラシを作っていく時、
 
1)「何の商品について書くか?」
 
2) 「どのような内容を書くか?」
 
については、しっかりと考える方でも、
 
3) そのチラシを読んだ後、お客様に何をしてもらう?
 
ということはあまり意識されていない方が多いように思います。
 
でも、実は最後のソレが一番大事。
 
良いチラシというものは、ちゃんと“目的”を果たすことができるチラシ。
 
100歩譲って「商品のことを知ってもらうチラシ」であれば、情報提供“だけ”で終わってもいいでしょう。
 
でも、多くのチラシは「来店してもらいたい」「買ってもらいたい」「資料請求をしてもらいたい」「ホームページを見てもらいたい」など、“別の目的”があります。
 
皆さんがつくるチラシもそうではないでしょうか? (*´ェ`*)
 
その“目的”に向けて、ちゃんとお客様を誘導して差し上げる、それがチラシづくり最後のポイントとなります!
 
・・・
 
まずは、「チラシの目的」を明確にしましょう。
 
チラシの目的は、「商品情報を伝える」ではなく、
 
1) 商品を買ってもらう
 
2) 来店してもらう
 
3) ホームページを見てもらう
 
・・・など、実に様々です。
 
(この他にも、資料請求をしてもらう、クチコミをしてもらう、アプリをダウンロードしてもらう、クーポンをゲットしてもらうなど、実に多種多様な目的があります)
 
売り手側は、“商品を知らしめさえすれば買ってもらえる”と考えてしまいがちですが、そんなカンタンな時代ではありません (^_^;)
 
しかし、これらの“目的”をしっかりと明確にしていないと、つい「商品情報を伝えるだけのチラシ」になってしまいがちです。
 
ぜひ、「このチラシで、お客様に何をしてもらいたいのか?」を明確にしましょう。
 
・・・
 
“目的”が決まったら、次に“誘導”の仕掛けを組み込んでいきましょう。
 
 
1) 商品を買ってもらうという目的の場合
 
— 「そりゃあ商品を買ってもらいたいに決まってるでしょ?」思いますよね (^_^;)
 
でも、ちょっとだけ振り返ってみて下さい。
 
あなたのチラシ、
 
・ どこで買えるのか? / 店舗なのか? 通販なのか?
 
・ 今、買えるのか? / 今、買うのがベストなのか?
 
・ “お試し”などはできるのか?
 
など、「買いたいと思ったお客様が知りたいコト」がちゃんと載っているでしょうか?
 
( 意外と載っていない方、多いんですよ (^_^;) )
 
特に「どこで買えるのか?」は、非常に大きなポイント。
 
チラシを配るのが近隣地域だけならば、“店舗名”まで載っているのがベスト。
 
そこまでは難しくても、買えるのがスーパーなのか、百貨店なのか、ドラッグストアなどにも置いてあるのか、通販だけなのか、などは明確にしておくと
 
「買いに行ったのに無かった」
 
という悲劇が避けられます。
 
 
2) 来店してもらうという目的の場合
 
— 同じような目的に「来店してもらう」というものがあります。
 
味見をしてもらいたい商品や、一度、使ってもらいたい商品などは、店頭で試してもらうことで購入につながることが多いですよね。
 
これも、「どこで体験できるのか?」を明記することが大切。
 
面白いのは、
 
「いつでもお越しください」と書くと、お客様は来ない
 
ということ (^_^;)
 
「いつでもどうぞ」は、「行けたら行くわ」と同じくらい、誠実さに欠けるのかも知れません。
 
ある英語塾では、それまで「教室見学はいつでもどうぞ」としていましたが、なかなか見学に来てくれるお客様はいませんでした。
 
(フラッと見学に行って、あちらの準備が出来ていなかったら無駄足だな・・・)などと思った方もいるのかも知れません。
 
それを「教室見学は、毎週木曜日の16時から20時の間です」としたところ、逆に問い合わせが増えました。
 
(その時間は見学に行って良いんだな)とお客様に思わせることができたのでしょう。
 
「来店してもらう」ことを目的にした場合は、来店しやすいような仕掛け = 期日を決める、イベントを行う、などが大切になってきます。
 
 
 
3) ホームページを見てもらうという目的の場合
 
— ここ数年、チラシの目的の多くはコレになってきました。
 
紙面の限られるチラシでは、なかなか魅力を語りきれない商品の場合、ホームページでさらに多くの情報を見てもらう、ということはとても大切になってきています。
 
ここにも実はコツがあります。
 
ただ『詳しくはホームページをご覧下さい』では、“ちょっと興味がある”程度のお客様はなかなか見てくれません。
 
上手な会社やお店は、「ホームページには何が書いてあるか?」の“予告編”をチラシに載せています
 
例えば、あるリフォーム会社さんのチラシでは、2つ~3つのお客様の声を載せた上で、
 
『 この他にも、「2世帯でキッチン・トイレを別にした方」の声や、「車イスで入れるトイレにリフォームした方」の声、「浴室に大型テレビを設置した方」の声が載っております」
 
と、“HPには、他にもこんな事例が載っていますよ”と予告編を少しだけ載せていました。
 
このようにチラシに少しだけHPの内容を載せておくと、「あ、それはちょっと見てみたいな」と思いますよね (*´ェ`*)
 
よくある質問(Q&A、FAQ)の載せ方も同様です。
 
いくつか、Q&A(質問とその答え)をチラシに載せて、
 
『 ホームページには、他にもこのようなQ&Aを載せております。
 
「Q.TVでやっているように、今ある家具や部材を再利用することはできますか?」 
 
「Q.親子リレーでローンを払っていくことはできますか?」
 
「Q.これまでトイレがついていない所につけることはできますか?」
 
これらの回答はこちらのページをご覧下さい』
 
というように載せています。
 
こう書かれると、ちょっとその“答え”を知りたくなってきますよね (^_^;)
 
「ホームページを見てもらう」という目的のチラシには、ぜひ使っていただきたいテクニックです。
 
・・・
 
良いチラシは、“目的”を達成することができるチラシ・・・
 
ぜひ、御社のチラシも“目的達成型”のチラシにしていって下さい!
 
 
— 「ことのは塾」 山梨 栄司 
 
区切り線
 
— 全国各地のセミナーでお話させていただいているのですが、
 
「 時間が短かった!」、「 もっと聞きたい 」
 
「 キャッチコピーの具体的な作り方などは、どうやって勉強すればいいですか? 」
 
「 今日聞いた話を、来れなかった社員たちとも共有したい 」
 
といったお声をたくさんいただきます。
 
そこで! 「ことのは塾」では、DVD教材をご用意しております。
 
・ 「お客様の声」の上手な使い方
 
・ 商品の“正しい”アピールポイントの見つけ方
 
・ 興味を持ってもらうための言葉、買ってもらうための言葉
 
など、これまで「ことのは塾」が全国各地の企業やお店と一緒に作ってきた“売れる言葉”のノウハウが満載です!
 
 
良い商品を、ちゃんと売っていきたい・・・
 
そうお考えならば、ぜひお手元に置いてあげて下さい。
 
 
社内研修や、店舗研修にもよく使われています。
 
 
 
区切り線
 
今回のメルマガの内容は、ある場所で実際に行った“売れる言葉”セミナーの資料を元にしています (*´ェ`*)
 
チラシやダイレクトメールは、まだまだお店や会社の重要な“告知手段”。
 
・・・なのですが、「チラシの書き方」を習ったことがある方、となると、まだまだ少ないのが現状ではないでしょうか。
 
大きな会社なら資金がありますので、何回でも試行錯誤ができるかも知れませんが、小さな会社やお店にとっては、一回一回が勝負。
印刷や配布にどうしてもコストはかかってしまいますが、その“見返り”はできるだけ大きくしたいものです。
 
そこで知ってほしいのが「上手な“売れる言葉”の書き方」。
ここに“追加コスト”はかかりません。
 
実際、これまで出していたチラシの“内容”を変えて、売上&利益をアップさせたお店・会社は少なくありません。
(この秋も、静岡、熊本などの自治体、組合などに呼ばれてセミナーをやってまいります)
 
“良いもの”を作ったり、売ったりしているあなたにこそ、「売れる言葉」のノウハウを知ってもらいたい・・・
 
そう思って、全国を飛び回っております!(≧∇≦)/
 
ぜひ、あなたの会社や組合でも、「ことのは塾」を呼んで下さい!
 
 
あなたにお会いできるのを楽しみにしております (*´ェ`*)
 
区切り線
check twitterのフォロー、Facebookの友達申請も大歓迎です!
 twitter 
 
区切り線
「ことのは塾」の本「ことのは塾」の本、絶賛発売中!
 
 — 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。
 
“どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。
 
 誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。
 
 「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」
 
 「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」
 
 「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」
 
 などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)
 
 お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!
 
区切り線
「ことのは塾」フッター
pin 発行:「ことのは塾」
pin 住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5
pin 編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部
pin お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp
pin「ことのは塾」プライバシーポリシー

SNSで「ことのは塾」をフォローしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください