『あなたが○○になる商品です』~お客様重視のキャッチコピー

区切り線

このメールマガジンは、「ことのは塾」と名刺交換をさせていただいた皆さんにお送りしております。

 

eizi

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

「ことのは塾」のお客様で、面白いキャッチコピーを作られている方がいらっしゃるので、少し紹介させて下さい (*´ェ`*)

 

◆『 あなたが3倍 モテる隠れ家バー 』

これは「ことのは塾」会員の戸倉さんがDMを出す時に使っているキャッチコピーです。

 

ビルの地下にあるまさに”隠れ家”といった雰囲気のお店は、入り口が小さく、しかし中に入るととてもシックな雰囲気で、まさに3倍カッコよく見える = モテるバーとなっています。

 

◆『 あなたをラクにする派遣社員、ここにいます 』

これも同じく「ことのは塾」会員の飯上さんが自社の人材派遣サービスのDMを出す時に使っているキャッチコピーです。

 

このコピーにはバリエーションが多数ありまして、

 

「中間管理職のあなたをラクにする・・・」

 

「システムエンジニアのあなたをラクにする・・・」

 

というようにDMを出す相手によってより具体的な描写をしています。

 

・・・

 

これらのキャッチコピーで注目していただきたいのは、「お客様」が前面に出ているトコロ。

 

「商品そのもの」があまりでしゃばっておらず、”あなた”、つまりお客様が主役になっています。

どんな商品・サービスでも、それを利用するのは、あくまで「人」です

そこで、「あなたが3倍モテる」、「あなたがラクになる」というように、この商品を利用するお客様がどうなるかというように「人」を中心に描くと、『 お、それはいいなぁ 』とその場面を“想像”しやすいキャッチコピーになるというわけですね。

 

このようなキャッチコピーは、難しい言葉でいうと“商品機能の翻訳”をしていると言われます。

例えば、前出の隠れ家バーは、「室内装飾には金属マテリアルを多用し、男性的な装飾にしている」、「料金を抑え、ボトルキープがしやすくなっている」、「知る人ぞ知るお店ということで看板を小さくしている」などの工夫をしています。

これらは全て「女性を連れた男性がカッコよく見えるようにする演出」なのですが、それが正しくお客様に理解されるとは限らないのです。

「料金を抑え、ボトルキープがしやすくなっている」という特長を聞いて、「あぁ、それなら常連のように振舞えるな」と思ってくれるお客様ばかりではないということですね (^_^;)

 

そこであえて先回りをして、『 あなたが3倍 モテる隠れ家バー 』と機能を翻訳した結果を伝えているというわけです。

 

・・・

 

あなたの商品・サービスも色々な特長・特色を持っていることでしょう。

 

しかし、それをそのままストレートに伝えてもお客様はピンとこないかも知れません。

 

そこで『あなたが○○になる商品』という書き方をして、お客様にわかりやすく翻訳していくんですね。

 

お客様はあなたの商品を利用するとどうなるでしょうか?

 

どんな気持ちになるでしょうか?

 

どんなメリットを得られるでしょうか?

 

どんな素敵な未来が待っているでしょうか?

 

それを具体的に表現することで、ちょっと違った視点から見たキャッチコピーが作れるようになります (*´ェ`*)

・・・

 

それでは、あなたの商品でも考えてみましょう。

 

例えば、あなたの商品が『野菜ジュース』なら・・・

『 あなたのベルトがゆるくなる野菜ジュース 』

 

『 朝、スキっと起きられる野菜ジュース 』

 

『 次の健康診断がコワくなくなる野菜ジュース 』

 

といった感じでしょうか。

 

あなたのサービスが『人間関係を良くしたい人が行くカラーセラピー』なら、

 

『 娘や息子との関係が良くなるキッカケをつかむ1時間 』

 

『 明日が少し楽しみになるカウンセリングです 』

 

『 “もやもや”が“スッキリ”に変わる、驚きの体験です 』

 

といった感じになります (*´ェ`*)

 

『あなたが○○になる商品』という書き方、ぜひあなたの文章バリエーションの中に加えてみて下さい!!

 

 

— 「ことのは塾」 山梨 栄司 

区切り線

 

「 ただ“聞いて終わり”の講演にしたくないのですが・・・ 」

 

県庁の職員さんや、商工会議所のスタッフさんなど講演会の主催者である方から、こんなオーダーをいただくことが多くなってきました (*´ェ`*)

参加者の皆さんは貴重な時間を使って聞きに来て下さるのですから、“タメになる時間にしたい”という思いが伝わってきて、私も身が引き締まります。

 

もちろん、「ことのは塾」のセミナー・講演は、“聞いて終わり”ではありません。

 

◆ 実際に自社商品で“キャッチコピー”を書いてみる

◆ 組合など同業者の集まりの場では、“よくできている同業者のホームページ”を題材に話し合いをする

◆ チラシを持ち寄って、どのような点を改善したら良いか、“チラシ 個別相談”の時間を設ける

・・・などなど、様々な工夫をしています。

 

“売れる言葉”は、会社に帰ってすぐに使えるノウハウです。

私たちもそうしていただけるよう、工夫をしています。

 

「 すぐにビジネスに使えるノウハウを皆さんに知ってもらいたい 」

「 売上や利益の向上につながるハナシを聞かせたい 」

 

あなたがそう思っているのなら、ぜひこちらのページもご覧になってみて下さい。

 

多くの企業や自治体、金融機関などで行ってきた、“売れる言葉”のセミナーをぜひ、あなたのところに届けさせて下さい。

 

「ことのは塾」の“売れる言葉”セミナー

 

あなたにお会いできるのを楽しみにしております (*´ェ`*)

 

区切り線

check twitterのフォロー、Facebookの友達申請も大歓迎です!

twitter 

 

区切り線

「ことのは塾」の本「ことのは塾」の本、絶賛発売中!

— 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。

“どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。

誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。

「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」

「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」

「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」

などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)

お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!

 

区切り線

「ことのは塾」フッター

pin 発行:「ことのは塾」

pin 住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5

pin 編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部

pin お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp

pin メルマガ配信の解除 ・ メルマガの読者登録

pin「ことのは塾」プライバシーポリシー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください