商品紹介文、“読まない時代”の読ませ方

区切り線

eizi

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

 

『 ホームページにちゃんと書いてあるのに読んでくれてないんですよ・・・ 』

 

『 商品紹介文にちゃんと書いてあるんですけどね・・・ 』

 

これらは今週、全く異なる2つのお店から聞かれた言葉です。

 

 

「 添加物を使っていないので、賞味期限がとても短い 」

 

とHPに書いてあるのですが、

 

『 こんなに短いとは思っていなかった! 』

 

とクレームが来たり・・・

 

「 プリンターの色は3色(赤・白・黒)があります。お好きな色をお選び下さい」

 

と書いてあるのに、

 

『 色は黒以外にありますか? 』

 

と質問の電話が来たり・・・

 

お店やネットショップを運営している方にとっては“あるある”なのではないでしょうか (^_^;)

 

そんな「商品紹介文をしっかりよんでほしい!」という店員さんたちにオススメしたいのが、この書き方。

 

“ 質問に置き換える ”

という文章テクニック。

 

・・・

 

ある和風旅館さんでは、ホームページに

 

『 特別室はこのような特徴がございます 』

 

として「オーシャンビューの絶景であること」、「特別室だけの夕食が出ること」、「“離れ”になっているので、他の宿泊客と会わないこと」などを箇条書きにしてありました。

 

しかし・・・「特別室って何が違うのかしら?」という電話がよくかかってきていたそうなのです (^_^;)

 

その部分を太字にしたり、赤い文字にしたりして目立たせようとしたのですが、そうすると高級旅館のイメージからかけ離れてしまう・・・。

 

 

そこで、この旅館さんは『 よくある質問 』のページにこのように書くようにしました。

 

『 Q.“特別室”は何が違うのですか? 』

 

不思議なことに、“よくある質問”のページにこのような記述を増やした頃から、だんだんと特別室に関する問い合わせは減ってきたのだそうです。

 

お部屋の紹介文は読まないけれど、

“よくある質問”は読む

 

広報担当のスタッフさんは、そう結論づけました。

 

そして、「ここは読んでほしいな」というトコロは、紹介文に書くのと同時に“よくある質問”にも書いておくようにしました。

 

 

その効果は思わぬトコロにも・・・。

 

特別室のことを知らなかったお客様が、特別室に興味を持ってくれるようになったようなのです。

 

それはアクセス解析をみると一目瞭然。

 

「特別室の紹介ページ」を見る人の多くが、「よくある質問のページ」にある“特別室についてもっと知りたい方はこちら”というリンクから来ていることがわかったのです。

 

興味を持ってもらうのにも“よくある質問”のスタイルは効果があったのです。

 

・・・

 

皆さんも「ココをお客さんに伝えたい!」と思うポイントがありますよね (*´ェ`*)

 

それを“質問”のカタチに変えて表現してみるのはいかがでしょう?

 

 

たとえば

 

「 ウチのおまんじゅうは国産小豆を使っています 」

 

ということをアピールしたい時は、

 

『 Q.おまんじゅうの小豆はどの国でとれたものですか? 』

 

という質問に。

 

 

「 女性スタッフが多いカーディーラーです。指名もできます 」

 

ということをアピールしたい時は、

 

『 Q.女性のスタッフさんについてもらいたいのですが、指名したりできますか? 』

 

という質問に。

 

 

アピールポイントではないけれど、

 

「 賞味期限が非常に短い 」

 

ということをお客様に了解してもらいたい時は、

 

『 Q.賞味期限が短いと聞きましたが、冷蔵庫で何日くらいもちますか? 』

 

といった質問にしておくと、「あぁ、賞味期限が短いモノなんだな」ということがわかりやすく伝えられます。

 

・・・

 

普通の紹介文より、質問文は注目される

 

この心理(真理)をうまく使って、あなたの商品の“良さ”をしっかり伝えてみて下さい!(≧∇≦)/

— 「ことのは塾」 山梨 栄司 

区切り線

 

令和に入ってから

 

『 ウチでも“売れる言葉”の勉強会をやってもらえませんか? 』

 

というお問い合わせを多くいただくようになりました (*´ェ`*) ありがとうございます m(_ _)m

 

情報過多の時代、多くの方が“言葉”のチカラをもう一度、見直して下さっているのだなと実感しております。

 

そこで!

 

そういった熱心な方のお役に立てればと思い、“3万円で勉強会キャンペーン”を実施させていただきたいと思います。

 

☆ “売れる言葉の知恵袋” 勉強会(通常12万円)が3万円で!

 

— 先着 3組様に限り、特別料金の3万円(税別)にて、“売れる言葉”の勉強会を開催させていただきます。

 

お話させていただくテーマは、

 

☆ リピート購入を増やす言葉

 

☆ お客様のココロをつかむ言葉、逃す言葉

 

☆ 「よくある質問」のページで購入率を上げる方法

 

☆ 新規客が多く集まる「お客様の声」の改善方法

 

☆ AIDMAに学ぶ、お客様がだんだん欲しくなる“言葉”の使い方

 

などなど。

 

様々なテーマをご用意しておりますので、勉強会に参加される方のご要望をお聞かせ下さい (*´ェ`*)

 

※ 応募条件

 

1) 2019年 7月1日から10月30日までに開催される勉強会に限ります

※ 日時は可能な限り、ご要望に応じます

 

2) 5名様以上の勉強会であること

 

3) 企業や店舗、異業種交流会の方のご利用はもちろん、組合 / 公共団体 / 金融機関の皆様のご利用も可能です

 

4) JR静岡駅からの交通費実費をご負担下さい

 

 

先着3組様への限定キャンペーンとなっております。

 

「日程がまだ決まっていないけれど来てほしい」という状態でもOKですので、ぜひご連絡下さい。

 

 

【 ◆ お申し込み方法 】

 

こちらの“申し込みフォーム”

 

https://kotonoha-juku.co.jp/inquiry/

 

からお申し込み下さい。

 

「申し込みメニュー」は『 (1):講演 / 社内勉強会の講師依頼をしたい 』をお選びいただき、

備考欄に『 限定キャンペーン 』と書いてお申込み下さい。

 

折り返し、こちらから連絡を差し上げます。

 

一緒に“売れる言葉”を学びましょう!(≧∇≦)/

 

 

区切り線

check twitterのフォロー、Facebookの友達申請も大歓迎です!

twitter 

 

区切り線

「ことのは塾」の本「ことのは塾」の本、絶賛発売中!

— 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。

“どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。

誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。

「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」

「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」

「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」

などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)

お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!

 

区切り線

「ことのは塾」フッター

pin 発行:「ことのは塾」

pin 住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5

pin 編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部

pin お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp

pin メルマガ配信の解除 ・ メルマガの読者登録

pin「ことのは塾」プライバシーポリシー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください