【売れる言葉のうらばなし】お土産物のPOP、こうして作りました

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

今日は、「ことのは塾」が以前作らせていただいた“店頭POP”について少し解説をさせていただきたいと思います (*´ェ`*)

静岡・焼津で有名な「カネヨ」さんが作っている、さばの煮付けシリーズ。

特別な製法でつくるため、骨までやわらかくなっており、さばのおいしさが丸ごと味わえるという逸品です (*´ェ`*)

また、レトルトになっているので長期保存がきき、お土産としても好まれているという商品です。

ただ、お土産物コーナーには同じ“海産物の土産物”が多く、競合は必至。

そこで、

1) 他社より目立つ!

2) 他の土産物との“違い”をわかってもらい、納得して買ってもらう(選んでもらう)

ということを目的としたPOPを作ろう!ということになりました。

そして出来上がったがこちら。

この商品が置かれている棚を観察したところ、競合商品の多くが「波」や「豪快な墨文字」で表現をしていました。

そこで、あえて逆を取って「かわいらしいイラスト」を配置。

これだけでも“良い意味での違和感”が出て、店頭では結構、目立つようになりました (*´ェ`*)

・・・

もうひとつの工夫は「ふきだし」

POPの中でお父さんがセリフのように語っていますね。

これって結構、目をひくんです(≧∇≦)/

・・・

よく「店頭では0.5秒くらいで買うものを決めている」と言われます。

コンビニなどでお茶やジュースを買う時などは、そのくらい瞬間的に選んでいる人が多いのではないでしょうか。

でも、ここは土産物店。“せっかくのお土産物”を選ぶのに、そんなに短い時間で選ぶ人は少ないでしょう。

そのため、POPもサイズを大きくし、多くの情報を入れ込むことにしました。

しかし、それも興味を持ってもらえなくてはなりません。

そこで工夫したのが“文字の大きさ”

お客様はおそらく、全ての文字を読んではいません。

大きな文字だけを“ななめ読み”し、興味があるトコロだけ読んでいるのです。

なので、「身がおいしい」、「昔の話」といったところだけ大きくして、「これは何だ?」と思わせています。

・・・

POPもこのように工夫をするポイントはいくつもあります。

参考にしてもらえたら嬉しいです (*´ェ`*)

 

--- 「ことのは塾」 山梨 栄司 

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください