【売れる言葉のうらばなし】お土産物のPOP、こうして作りました

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

今日は、「ことのは塾」が以前作らせていただいた“店頭POP”について少し解説をさせていただきたいと思います (*´ェ`*)

静岡・焼津で有名な「カネヨ」さんが作っている、さばの煮付けシリーズ。

特別な製法でつくるため、骨までやわらかくなっており、さばのおいしさが丸ごと味わえるという逸品です (*´ェ`*)

また、レトルトになっているので長期保存がきき、お土産としても好まれているという商品です。

ただ、お土産物コーナーには同じ“海産物の土産物”が多く、競合は必至。

そこで、

1) 他社より目立つ!

2) 他の土産物との“違い”をわかってもらい、納得して買ってもらう(選んでもらう)

ということを目的としたPOPを作ろう!ということになりました。

そして出来上がったがこちら。

この商品が置かれている棚を観察したところ、競合商品の多くが「波」や「豪快な墨文字」で表現をしていました。

そこで、あえて逆を取って「かわいらしいイラスト」を配置。

これだけでも“良い意味での違和感”が出て、店頭では結構、目立つようになりました (*´ェ`*)

・・・

もうひとつの工夫は「ふきだし」

POPの中でお父さんがセリフのように語っていますね。

これって結構、目をひくんです(≧∇≦)/

・・・

よく「店頭では0.5秒くらいで買うものを決めている」と言われます。

コンビニなどでお茶やジュースを買う時などは、そのくらい瞬間的に選んでいる人が多いのではないでしょうか。

でも、ここは土産物店。“せっかくのお土産物”を選ぶのに、そんなに短い時間で選ぶ人は少ないでしょう。

そのため、POPもサイズを大きくし、多くの情報を入れ込むことにしました。

しかし、それも興味を持ってもらえなくてはなりません。

そこで工夫したのが“文字の大きさ”

お客様はおそらく、全ての文字を読んではいません。

大きな文字だけを“ななめ読み”し、興味があるトコロだけ読んでいるのです。

なので、「身がおいしい」、「昔の話」といったところだけ大きくして、「これは何だ?」と思わせています。

・・・

POPもこのように工夫をするポイントはいくつもあります。

参考にしてもらえたら嬉しいです (*´ェ`*)

 

— 「ことのは塾」 山梨 栄司 

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

--- 「ことのは塾」のこれまでの経験やノウハウを駆使して、あなたの商品、ブランドを魅力的に見せる言葉”を一緒に考えていくサービスです。

今年はコロナ禍”によって売り上げが大きく変わった企業やお店、個人事業主さんからのご相談をたくさんいただいております。

「 コロナ時期だからこその新しい商品をホームページに載せたいのですが、どのような紹介文を書いたら良いでしょうか? 」

「 今まで対面でやってきた教室をオンライン教室にしたいと思っています。どんな内容にしたら良いでしょうか? 」

「 オンライン営業に効果的な資料を作りたいと思っています。どんな書き方が良いでしょうか?」

といったご相談をいただいております。

“変化”は見方を変えれば“チャンス”でもあります。

実際、「ことのは塾」のお客様でコロナ時期にファン客を増やした企業やお店もたくさんございます。

この時期を一緒に超えていきませんか?

【 実は今、“相談しやすい時期”なんです! 】

☆ 実は、国や都道府県でも、コロナ対応の政策として「専門家への相談」に対する補助を出しているケースがございます。

ひとりで悩んでいるのなら、ぜひ「ことのは塾」へご相談下さいね (*^^*)

「相談してみようかな…」と思ってくれた方は、こちらのページも合わせてご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください