【ツカミの達人】「○○の教科書」

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

今日の“ツカミの言葉”は、

『 ブーツの教科書 』(別冊 Lightning Vol.190)

ブーツに興味のある方、中でも「これからブーツのことをもっと知りたい」という“初心者”の方が気になる言葉ではないでしょうか? (*´ェ`*)

この表紙の右上、『 ロールアップの正解は? 』というのもいい言葉ですね。

初心者だからこそ、“正解”を知りたい。

そんな気持ちにちゃんと寄り添っています (*´ェ`*)

・・・

このフレーズ、あなたのお仕事にも使えそうではありませんか?

『 ○○の教科書 』に、あなたのシゴトを入れるだけ。

◆ ネイルの教科書

◆ ガーデニングの教科書

◆ カーペットの教科書

こんな風に書かれたら、「一度、やってみようかな」、「これから始めてみようかな」というタイミングの方の興味がきっとひけるはず(≧∇≦)/

・・・

このフレーズで興味を引いたなら、その“中身”も大切です。

この言葉に興味を持つようなお客様が気になるのは、

「 どんな道具があるのかな? 」

「 何から用意すればいいのかな? 」

「 どれを買うのが“正解”なのかな? 」

といった基本的なこと。

「これを買うのは初めてなんです」というお客様を想像して、「それだったら、これを知っていた方がいいだろう」、「これを教えてあげよう」とあなたが思うコトを書いていきましょう。

これは“接客経験”が豊富な方の得意分野ですね (*´ェ`*)

・・・

逆に「教科書というからには、何から何まで全て載っていなくてはならない!」と気負いすぎてはいけません。

例えば、あなたが携帯電話を買おうとした時、

A) 携帯電話の歴史、技術、使い方まで“全て”が載った本

B) 今どきの携帯電話の特長が載っていて、どれを選べばいいのかが書いてある本

があったとしたら、どちらを読んでみたいですか?

おそらく、本当に携帯電話を買おうとしている人なら、B)の方を読んでみたいと思うはず。

A)は情報量が多すぎてしまうのです・・・(^_^;)

あなたがお店に来た“初心者のお客様”にお声掛けをする時に話すような内容・・・それだけが載っていれば十分なんです。

ぜひ「○○の教科書」というフレーズを使ってみて下さい!

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください