【ツカミの達人】「○○の教科書」

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

今日の“ツカミの言葉”は、

『 ブーツの教科書 』(別冊 Lightning Vol.190)

ブーツに興味のある方、中でも「これからブーツのことをもっと知りたい」という“初心者”の方が気になる言葉ではないでしょうか? (*´ェ`*)

この表紙の右上、『 ロールアップの正解は? 』というのもいい言葉ですね。

初心者だからこそ、“正解”を知りたい。

そんな気持ちにちゃんと寄り添っています (*´ェ`*)

・・・

このフレーズ、あなたのお仕事にも使えそうではありませんか?

『 ○○の教科書 』に、あなたのシゴトを入れるだけ。

◆ ネイルの教科書

◆ ガーデニングの教科書

◆ カーペットの教科書

こんな風に書かれたら、「一度、やってみようかな」、「これから始めてみようかな」というタイミングの方の興味がきっとひけるはず(≧∇≦)/

・・・

このフレーズで興味を引いたなら、その“中身”も大切です。

この言葉に興味を持つようなお客様が気になるのは、

「 どんな道具があるのかな? 」

「 何から用意すればいいのかな? 」

「 どれを買うのが“正解”なのかな? 」

といった基本的なこと。

「これを買うのは初めてなんです」というお客様を想像して、「それだったら、これを知っていた方がいいだろう」、「これを教えてあげよう」とあなたが思うコトを書いていきましょう。

これは“接客経験”が豊富な方の得意分野ですね (*´ェ`*)

・・・

逆に「教科書というからには、何から何まで全て載っていなくてはならない!」と気負いすぎてはいけません。

例えば、あなたが携帯電話を買おうとした時、

A) 携帯電話の歴史、技術、使い方まで“全て”が載った本

B) 今どきの携帯電話の特長が載っていて、どれを選べばいいのかが書いてある本

があったとしたら、どちらを読んでみたいですか?

おそらく、本当に携帯電話を買おうとしている人なら、B)の方を読んでみたいと思うはず。

A)は情報量が多すぎてしまうのです・・・(^_^;)

あなたがお店に来た“初心者のお客様”にお声掛けをする時に話すような内容・・・それだけが載っていれば十分なんです。

ぜひ「○○の教科書」というフレーズを使ってみて下さい!

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

--- 「ことのは塾」のこれまでの経験やノウハウを駆使して、あなたの商品、ブランドを魅力的に見せる言葉”を一緒に考えていくサービスです。

今年はコロナ禍”によって売り上げが大きく変わった企業やお店、個人事業主さんからのご相談をたくさんいただいております。

「 コロナ時期だからこその新しい商品をホームページに載せたいのですが、どのような紹介文を書いたら良いでしょうか? 」

「 今まで対面でやってきた教室をオンライン教室にしたいと思っています。どんな内容にしたら良いでしょうか? 」

「 オンライン営業に効果的な資料を作りたいと思っています。どんな書き方が良いでしょうか?」

といったご相談をいただいております。

“変化”は見方を変えれば“チャンス”でもあります。

実際、「ことのは塾」のお客様でコロナ時期にファン客を増やした企業やお店もたくさんございます。

この時期を一緒に超えていきませんか?

【 実は今、“相談しやすい時期”なんです! 】

☆ 実は、国や都道府県でも、コロナ対応の政策として「専門家への相談」に対する補助を出しているケースがございます。

ひとりで悩んでいるのなら、ぜひ「ことのは塾」へご相談下さいね (*^^*)

「相談してみようかな…」と思ってくれた方は、こちらのページも合わせてご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください