誰にピッタリ? 数字で表せば説得力3倍アップ!

eizi

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

「売り上げがアップしました!」と”成功報告”があったチラシを見ていくと、面白い”共通点”がありました。

それはキャッチコピーに”数字”を使っていること。

キャッチコピーに書かれている内容自体は、『 こんな人に向けた商品です 』、『 こんな方に最適なサービスです 』といったもので、実際、それほど珍しいものではありません。

“工夫”は、どんな人にピッタリなのかを”数字”で表したことにありました。

例えば、ある「健康ドリンク」はこんなキャッチコピーを使っていました。

『 毎日2時間以上”残業”している方へ 』

こう言われたら、毎日2時間以上残業している方は気になっちゃいますよね?

このように“数字”で語ると、相手の心に響きやすくなるのです!

他にもこのような例がありました。

コピー機の営業用DM — 『 ☆ 5人以下のオフィスなら、この機種が最適です 』

ドラッグストアのPOP —『【R-35】 — 35歳からの化粧品はこちらの棚です 』

焼肉店のチラシ — 『 8人以上集まるのならウチが最高! なぜなら・・・ 』

どれも、その”数字”に当てはまる人には「ちょっと気になるキャッチコピー」になっていますよね。

このように”数字”を挙げると、その言葉は印象に残りやすくなります。

「それはまさにボクのことだな」と思わせる効果も望めますし、

「なぜ”35歳以上の化粧品”なんだろう?」とフシギに思わせるという効果もあります。

“ちょっと気になるキャッチコピー”を書きたいのなら、このように”数字”を入れ込んでみるのがコツです (≧∇≦)/

・・・

“数字”を使ったキャッチコピーは、“欲張る”と失敗します (^_^;)

例えば、先ほどの「5人以下のオフィスに最適」なコピー機。

コレを6人のオフィスで使ってはいけないということはありません。10人のオフィスで使っても悪くはないのです。

しかし、だからと言って『 どんなオフィスでも使えるコピー機です 』というキャッチコピーにしたらどうでしょう?

これではあまりインパクトがありませんね (^_^;)

『R-35の化粧品』は、35歳以上の方に気になるモノになっています。

これを『 全ての人に薦めたい化粧品 』としたらどうでしょう。

こう書いたからといって、“全ての人”が飛びつくでしょうか?

きっとそうではないでしょう。現実にはその逆で、誰も反応してくれなくなるのです・・・。

( そうでないのなら、「人類の皆さ~ん」って書けば最強、っていうことになってしまいますね (^_^;) )

キャッチコピーは“カルピス”のようなもので、欲張って量をたくさんにしようとすると、薄くなっておいしくなくなってしまうのです・・・(T_T)

それを使う人数・・・

いちばんオススメしたい年代・・・

お客様が自由になる時間・・・

かけられる金額・・・

一度に使う個数・本数・・・

・・・などなど。”数字”の入ったキャッチコピーを考える時は、「できるだけ欲張らないこと」を心がけると良いモノが生まれやすくなります。

あなたの商品・サービスにまつわる”数字”には様々なものがあるでしょう。それをキャッチコピーに使ってみてはいかがでしょうか。

きっと、”ちょっと気になるキャッチコピー”になりますよ!

— 「ことのは塾」 山梨 栄司 

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

--- 「ことのは塾」のこれまでの経験やノウハウを駆使して、あなたの商品、ブランドを魅力的に見せる言葉”を一緒に考えていくサービスです。

今年はコロナ禍”によって売り上げが大きく変わった企業やお店、個人事業主さんからのご相談をたくさんいただいております。

「 コロナ時期だからこその新しい商品をホームページに載せたいのですが、どのような紹介文を書いたら良いでしょうか? 」

「 今まで対面でやってきた教室をオンライン教室にしたいと思っています。どんな内容にしたら良いでしょうか? 」

「 オンライン営業に効果的な資料を作りたいと思っています。どんな書き方が良いでしょうか?」

といったご相談をいただいております。

“変化”は見方を変えれば“チャンス”でもあります。

実際、「ことのは塾」のお客様でコロナ時期にファン客を増やした企業やお店もたくさんございます。

この時期を一緒に超えていきませんか?

【 実は今、“相談しやすい時期”なんです! 】

☆ 実は、国や都道府県でも、コロナ対応の政策として「専門家への相談」に対する補助を出しているケースがございます。

ひとりで悩んでいるのなら、ぜひ「ことのは塾」へご相談下さいね (*^^*)

「相談してみようかな…」と思ってくれた方は、こちらのページも合わせてご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください