誰にピッタリ? 数字で表せば説得力3倍アップ!

eizi

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

「売り上げがアップしました!」と"成功報告"があったチラシを見ていくと、面白い"共通点"がありました。

それはキャッチコピーに"数字"を使っていること。

キャッチコピーに書かれている内容自体は、『 こんな人に向けた商品です 』、『 こんな方に最適なサービスです 』といったもので、実際、それほど珍しいものではありません。

"工夫"は、どんな人にピッタリなのかを"数字"で表したことにありました。

例えば、ある「健康ドリンク」はこんなキャッチコピーを使っていました。

『 毎日2時間以上"残業"している方へ 』

こう言われたら、毎日2時間以上残業している方は気になっちゃいますよね?

このように"数字"で語ると、相手の心に響きやすくなるのです!

他にもこのような例がありました。

コピー機の営業用DM --- 『 ☆ 5人以下のオフィスなら、この機種が最適です 』

ドラッグストアのPOP ---『【R-35】 --- 35歳からの化粧品はこちらの棚です 』

焼肉店のチラシ --- 『 8人以上集まるのならウチが最高! なぜなら・・・ 』

どれも、その"数字"に当てはまる人には「ちょっと気になるキャッチコピー」になっていますよね。

このように"数字"を挙げると、その言葉は印象に残りやすくなります。

「それはまさにボクのことだな」と思わせる効果も望めますし、

「なぜ"35歳以上の化粧品"なんだろう?」とフシギに思わせるという効果もあります。

"ちょっと気になるキャッチコピー"を書きたいのなら、このように"数字"を入れ込んでみるのがコツです (≧∇≦)/

・・・

"数字"を使ったキャッチコピーは、"欲張る"と失敗します (^_^;)

例えば、先ほどの「5人以下のオフィスに最適」なコピー機。

コレを6人のオフィスで使ってはいけないということはありません。10人のオフィスで使っても悪くはないのです。

しかし、だからと言って『 どんなオフィスでも使えるコピー機です 』というキャッチコピーにしたらどうでしょう?

これではあまりインパクトがありませんね (^_^;)

『R-35の化粧品』は、35歳以上の方に気になるモノになっています。

これを『 全ての人に薦めたい化粧品 』としたらどうでしょう。

こう書いたからといって、“全ての人”が飛びつくでしょうか?

きっとそうではないでしょう。現実にはその逆で、誰も反応してくれなくなるのです・・・。

( そうでないのなら、「人類の皆さ~ん」って書けば最強、っていうことになってしまいますね (^_^;) )

キャッチコピーは“カルピス”のようなもので、欲張って量をたくさんにしようとすると、薄くなっておいしくなくなってしまうのです・・・(T_T)

それを使う人数・・・

いちばんオススメしたい年代・・・

お客様が自由になる時間・・・

かけられる金額・・・

一度に使う個数・本数・・・

・・・などなど。"数字"の入ったキャッチコピーを考える時は、「できるだけ欲張らないこと」を心がけると良いモノが生まれやすくなります。

あなたの商品・サービスにまつわる"数字"には様々なものがあるでしょう。それをキャッチコピーに使ってみてはいかがでしょうか。

きっと、"ちょっと気になるキャッチコピー"になりますよ!

--- 「ことのは塾」 山梨 栄司 

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください