ジャパネットたかたの“言葉づかい” ~ 決め手は「メッセージ」

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

今日は、ジャパネットたかたの高田元社長の、とてもあたたかい“言葉”の使い方を紹介いたします (*´ェ`*)

ジャパネットたかたで、「タブレット端末」を販売しようとした時・・・

『 軽いでしょう、小さいでしょう。しかも音声認識までついているんですよ 』

とは言わないそうです。

なぜでしょうか?

これでは、機械としてのタブレットの紹介をしているだけで、お客様のココロには響かないからなのです (^_^;)

 

そこで、ジャパネットたかたさんはこう言い換えます。

「せっかく時間ができたのだから、旅行に出かけましょう。その旅行にタブレットを持っていけば、いろいろなことが調べられ、旅行が10倍楽しくなりますよ」

急に“人間味”が感じられるようになりませんか?

TVショッピングを見てくれているのはシニア層が多いとのこと。

中でも、「せっかく時間ができたのだから」と、“定年を迎えて、時間に余裕ができた人”をちゃんと想定して「メッセージ」を送っています。

ここがジャパネットたかたさんのスゴいところ!(≧∇≦)/

カタログ的な商品説明だけでは、お客様のココロは動きません。

ココロが動かなければ、電話をして注文するといった行動には移らない。

どこをくすぐれば、お客様が「お!それはいいなぁ」と感じてくれるかを一所懸命、考えられているのでしょう。

・・・

もちろん、お客様はシニア層だけではありません。

「お父さん、お母さんと最近会ってますか? 遠くにいるご両親に一つ、プレゼントしませんか。ご両親の生活がきっと変わると思いますよ」

と、息子さん・娘さん世代にも「メッセージ」を送っています。

両親と離れて暮らす人がこの言葉を聞いたら、ちょっと親の顔を思い出しそうですよね (*´ェ`*)

・・・

ココロを動かすのを目的とした“言葉”は、モノだけを見ていたら思い浮かびません。

お客様はどんな時に幸せを感じるのかな?

と想像することでしか浮かんでこない、温かい言葉です。

ぜひ、みなさんも使ってみて下さい (≧∇≦)/

SNSで「ことのは塾」をフォローしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください