ターゲット?! いいえ、“クラスタ”です。

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

販売を担当されている皆さんなら、「ターゲット」という言葉をよく使うのではないでしょうか。

「 20代の男性がターゲットの商品だ 」

「 ターゲットの女性がよく行きそうなところにチラシを置こう 」

といった感じに。

「ことのは塾」では、数年前からこの“ターゲット”という言葉を使わないようにしています。

ターゲットは直訳すると“標的”。狙って撃ち抜く、やっつける、といったイメージがあまり好きではないこともあるのですが、「20代女性」、「高所得者層」といった区分けがほとんど意味をなさなくなってきたから、ということもあります。

・・・

その代わりに使っているのが「クラスタ」という言葉。

私たちは、「何か共通の関心事がある人の集団」というように定義しています。

「 日本酒好きクラスタ 」とか、「子育てクラスタ」、「花粉症クラスタ」などなど。

楽しい趣味でも、克服したい悩みでも・・・何か共通の“関心事”がある人たちのことをクラスタと呼んでいます。

・・・

商品やサービスをアピールする時にも、そのクラスタの考え方は効きます (≧∇≦)

たとえば、こちら。

JALパックさんの『美食と猫の旅』( http://www.jal.co.jp/domtour/ssy/nekoniwa/

これは、もう完全に「ねこ好き・旅好きクラスタ」にのみアピールしていますね (^_^;)

報道によると、「猫大好きツアー企画担当者が猫ちゃんを愛する人々にむけ作りあげた」商品なのだそうで、その“愛”が随所に伝わってきます。

・・・

商品数は増え、情報量も日増しに増えていく現代・・・全てのものに興味を持つのは、到底、不可能なことになってきました。

「他の人にはわからなくても、それが好きな人にはたまらない!」 そんな"クラスタ向けのアピール"でなければ、もう目にも留まらないのかも知れません。

あなたの商品 / サービスは、何好きな人に向けてアピールしていきますか? (≧∇≦)/

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください