今、効果アリ! 「気持ちが見える商品紹介」とは?

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

突然ですが・・・「人が人に興味を持つ瞬間」って、どんな時だと思われますか?

色々な考え方があると思いますが、私は『 その人の”感情”が見えた時 』だと思うんです。

たとえば、私が『 先日、プリンタを買いました 』と言ったとしても、皆さんはそれほど興味を持たないでしょう。

プリンタを買った というのは、単なる”事実”

「・・・あぁ、そうですか」と思うくらいで終わりです。

でも・・・

『 先日、プリンタを買いました。デザインに一目ぼれして買ったモノで、写真まで撮っちゃいました(笑) 』

と言ったとしたら、どうでしょう?(*´ェ`*)

今度は私の言うこと、ひいてはそのプリンタのコトが気になってしまいませんか?

“事実”情報だけでは人のココロは動かない・・・

“感情”が見えてこそ、人は興味を持ってくれる・・・

この心の動きを「商品紹介文」に活用している方がいらっしゃいます。

次の二つの「商品紹介文」をご覧になってみて下さい。

—【Aの紹介文】———————————–

【スープ皿】

直径 ベルギーからの輸入品。

淡いクリーム色で、日常的にお使いいただけるお皿です。

口径12.5cm 横幅14cm  高さ6.2cm 容量220cc

—————————————————

—【Bの紹介文】———————————–

【スープ皿】

直径 ベルギーからの輸入品。

淡いクリーム色で、日常的にお使いいただけるお皿です。

口径12.5cm 横幅14cm  高さ6.2cm 容量220cc

— 【 仕入れ担当から”ひとこと”】 —

もう”ひと目惚れ”でした。

ベルギーの展示会でコレを発見した次の瞬間、契約書にサインしていたくらいです(笑)。

デザインが凝っているのに、実は普段使いできるほどの厚みがあるのがサイコー。

私自身も、自宅で毎日使っています!

 

—————————————————

実は「商品説明」の部分は、全く一緒。

違うのは、その後に”感情”の入った言葉が添えられたということだけ。

・・・でも、何だかBの紹介文の方が、”人間味”を感じませんか?

実はコレ、「ことのは塾」のお客様である食器屋さんから実際に借りてきた文章なんです。

Aのような無機質な紹介文を、Bのように温かみのある紹介文に変えたところ、売り上げは倍増。

以来、新商品が入荷するたびに、ブログを書く時のような、「他愛も無い一言」を必ず添えるようにしているのだそうです。

それだけで売り上げが伸びるのなら、使わない手は無いですからね。

・・・

皆さんはせっかくの商品やサービスを、

「こういうモノです」

「こんなサービスです」

と、ただただ説明して、終わりにしてしまっていませんか?

そこに人間味のある一言を添えるだけで、お客様は興味を持ってくれるんです!

コツは“感情”をオモテに出すこと

「○○は~~です」、「××は、△△機能がついています」といった”事実”情報だけでは、人のココロはなかなか動かせません。

人のココロを動かすのは、やはり人のココロ。

「この商品のこんなトコロが好き!」

「このサービスを思いついた時、実は私、こんなことで悩んでいたんです・・・」

「コレを買っていくと喜ぶ息子の顔が見たくて(笑)」

・・・などなど。

あなたの”感情”を商品紹介文の中に入れることで、とても親近感のわく文章にレベルアップします!

ぜひ、お試し下さい!!

SNSで「ことのは塾」をフォローしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください