Googleに学ぶ、お客様の「4つのご希望」

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

Googleがマーケティング担当者に向けて出している情報の中に、『 4 new moments every marketer should know 』というものがあります。

直訳すれば、「マーケティング担当者が知っておくべき、“4つの瞬間”」という感じでしょうか。

Googleいわく、お客様は『 4つの目的で検索をしている 』そうなのです。

その4つとは、こちら。

知りたい:何かの内容や意味を知りたい・調べたい (例:キャッシュレス化って何?どういうこと?)

行きたい:どこかの目的地に行きたい (例:近所のおいしいラーメン屋に行きたい)

やりたい:何かを自分でやってみたい (例:パンの焼き方を知りたい)

買いたい: 何かの商品やサービスを購入したい (例:軽くて温かいジャケットが欲しい)

 

なるほど、確かに自分も検索をする時の理由は、これらの内のどれかにあてはまります。

Googleが持つ膨大なデータから、この『4つの瞬間』が導き出されたわけですね。

これは、お客様の“4つの目的”“4つのご希望”と言い換えてもわかりやすいですね。

この情報、わたしたちの仕事にも活かしていけそうです (*´ェ`*)

・・・

私たちがホームページやパンフレットに書く文章を考える時も、お客様はこの「4つのご希望」を持っている、ということを知っていれば、より良い情報が載せられます。

知りたい:その商品 / サービスについて知りたい

→ 例:「商品の違い」、「ここだけのサービス」など、“他との違い”をアピールしていこう

行きたい:その商品 / サービスを買えるトコロに行きたい

→ 例:「ココで買うことができます」という店舗情報をMAPつきで載せよう

やりたい:その商品 / サービスをうまく使いこなしたい

→ 例:「使い方」を動画で載せたり、「お客様の声」を載せて、使い勝手が良いことをアピールしよう

買いたい: その商品 / サービスを購入したい

→ 例:「値段」や「決済の方法」をわかりやすくするのはもちろん、「送料」や「アフターサービス」についても詳しく書いて、安心して買っていただこう

これらの情報が網羅されていたら、お客様も安心することができますね (*´ェ`*)

・・・

紙媒体のチラシやパンフレットは、紙面に限りがあることもあって、「こういう商品です」、「価格はいくらです」といった情報だけで終わらせてしまいがちです。(紙面に限りの無いホームページなどでも、意外と書いてなかったりすることが多いですね (^_^;))

この“4つの目的”、ぜひあなたが文章を書く時のチェックシートにしてもらえたら嬉しいです (*´ェ`*)

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください