カタさが自慢のふとん?!

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

先日、百貨店を歩いていたところ、こんな商品が目に入りました。

【 硬さが自慢の敷ふとん 】

??? (?_?)

普通、ふとんと言ったら“やわらかさ”がウリなのではないでしょうか?

包み込むような柔らかさ・・・

夢心地に誘う包まれ感・・・

といったソフトなイメージをウリにするのが“ふつう”。

でも!

このお布団は“ふつう”じゃないのです。カタさをウリにしているのです。

だからこそ、目をひきました。

人は、普通じゃないものに目をひかれます。

「よくあるもの」や「普通のもの」にいちいち反応していたら、普段の生活もままなりません。だから、私たち人間には「ふつうのものは無視する機能」が搭載されているのでしょう。

逆を言えば、「ふつうじゃないものには注目してしまう機能」でもあります。普通と違うものは何モノであるかを確かめないと不安です。だからこそ、注目してしまうんですね。

私も「カタい布団??」と気になってしまいました (*´ェ`*)

近くにいた店員さんによると、このカタさは腰痛もちの方にはとっても良いのだそう。ふとんが沈み込むほど柔らかいと、腰痛もちの方は苦しいのだそうで。

なるほど、やっぱり“意味”があったのですね。

私はとっても納得し、こうして皆さんに「カタいふとん」を紹介しています。クチコミにつながっているんですね (*´ェ`*)

・・・

皆さんの商品 / サービスは、“普通のもの”とどこが違うでしょうか?

「ことのは塾」のお客様には、

◆ 時間がかかるクリーニング

◆ 小さなステーキ

◆ 狭いホテルの一室

◆ 旬の時季に食べられない農産物

などがありました。

もちろん、それぞれ“意味”があって、そういう商品/サービスになっています (*´ェ`*)

皆さんの商品 / サービスも、“普通と違うトコロ”をお持ちなのではないでしょうか?

ぜひ、それを言葉で表現していきましょう!(≧∇≦)/

SNSで「ことのは塾」をフォローしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください