個人的に“ものがたり”のある広告が大好きです

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

私、個人的に“ものがたり”のある広告が大好きです (*´ェ`*)

伝統的に、エピソードを伝える形式の広告が多いのは“ホテル業界”。

帝国ホテルは「朝、時間のないお客様にも感謝の意を伝えたくて、閉まった後のドアに一礼している」というお話をポスターにしています。

上司に言われたわけでもなく、スタッフさんが自ら感じ、行動に起こしたというところがステキです (*´ェ`*)

ホテルオークラでは、「叱られなさい」という教えをホテルがしている、というお話。

「叱ってもらえるということは、それだけ信頼関係ができているということ。何も言わずにもう二度と来ない、というのではなく、ちゃんと叱ってくれるのはありがたいこと」

というお話を伝えています。

こういった“ものがたり”のある広告は、料金やサービス内容のことを伝えているわけではありません。

でも、とても良い印象が残りますよね (*^^*)

・・・

皆さんの会社・お店にも、きっと“ものがたり”があるのではないでしょうか?

こんなお客さんがいた・・・

若手社員とこんな話をした・・・

この商品を仕入れることになったキッカケ・・・

会社やお店での日常が、実はPRのネタの宝庫だったりします。

・・・

ポイントは、「短くまとめすぎない」こと。

よく「POPやポスターは、一瞬で判断される。ひと目で伝わらないとダメ」と言われています。

確かにそういうモノでもあるのですが、このように“じっくり読ませるポスター”も効果的だったりします。

写真のポスターも文字数があり、ひと目で伝わるものではありませんが、興味を持ってじっくり読んだ方には、きっと伝わります。

幸い、近年はブログやSNSなど長文を書きやすい時代になりました。

あなたの仕事のエピソード、伝えてみるのはいかがでしょうか?

【 資料出典:キャッチコピーの表現別グラフィックス (パイ インターナショナル)】

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください