【ツカミの達人!】 文字の大きさ!

この雑誌の表紙・・・あなたはどこに目が行きましたか?

「お取り寄せ」と「手みやげ」の文字ではないでしょうか?

 

では、こちらはどうでしょう。

今度も一番大きな文字に目が行ったのではないですか?

他にもたくさん文字が書いてあるのですが、そこにはあまり注目しなかった、と言うより、見えていなかったのではないでしょうか。

 

私たちがチラシやダイレクトメールを作る時、ついつい

「アレも書きたい、コレも見せたい」

と詰め込んでしまいがち。

それも、“同じような大きさの文字”を詰め込んでしまいがち。

でも、それでは手に取って見てもらうことすら叶わないかも・・・(T_T)

・・・途中、読み飛ばしませんでしたか? (^_^;)

最初の表紙と同じコトが書いてあるにも関わらず、こちらは読み飛ばされてしまう・・・。

“大きな文字”って、ツカむためにはとっても大切なんです。

雑誌の表紙をあらためて見てもらうと、文字がとっても大きなことに気づきますね。

プロのデザイナーは、このような“とっても大きな文字”を思い切って使っています。

さぁ、あなたも思い切って“大きな文字”を使ってみましょう!

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください