静岡産業大学にて、静岡の茶産業についてお話させていただきました。

静岡産業大学に呼んでいただきました!

お話させていただいたのは、静岡県の茶農家さんの取り組みについて。

ことのは塾では、静岡県内の茶農家さんのビジネスをサポートしています。

皆さんがどのように商品化に取り組んでいるのか、販路開拓をどのようにしているのか、現状をお話しました。

集まってくださった学生の皆さん。

とっても広い会場でした。

お茶の文化に関する講義を担当されている、吉野亜湖先生。

今回は吉野先生との出会いから、大学に呼んでいただくことになりました。

ありがとうございます!

せっかくなので、学生の皆さんに”お茶の見せ方”について一緒に考えていただきました。

お茶と、どんなコト、モノをかけ合わせたら、よりお茶が魅力的になるだろうか?

皆さんにアイデアをいただきました。

お茶の文化を学んでいる皆さんは、いろいろなおもしろいアイデアを出してくださいました。

おとぎ話×お茶

アニメ×お茶

高級食器×お茶

など、ステキな発想です。

このあと、お茶を入れていただきました。

麦茶をミルクティーにしたもので、とてもおいしかったです。

日本ではお茶はストレートで飲みますが、海外ではお砂糖を入れたりミルクを入れたりと、紅茶と同じような感覚で飲むそうです。

お茶にもまだまだ広がりがありそうですね!

 

皆さん、ステキなアイデアをありがとうございました。

皆さんのアイデアは、ことのは塾がサポートする茶農家さんにお渡しいたします。

 

 

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください