商品紹介文では伝わらない? メッセージを書こう!

区切り線

eizi

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

私たちがお客様や取引先に「何かしらのメッセージ」を送りたいと思った時・・・

そこには

1) 伝えたい相手

がいて、

2) 伝えたいコト

があるはずです。

・・・当たり前のように聞こえるかも知れませんが、これが実は“大切なコト”。

そして、なぜか“忘れられがちなコト” (^_^;)

私たちは企業のチラシやパンフレットのリニューアルに同席させていただくことが多いのですが、紙面に「このお惣菜は◯◯で出来ています」、「このジュースは無添加です」といった“商品紹介”が載っているだけ、ということが少なくありません。

商品紹介は、あくまで“説明文”。

ただでさえ「情報」があふれている現代で、「商品紹介文をちゃんと読んで、自分に合っているモノかどうかを自分で判断して下さい」といっても・・・やってもらえそうにないですよね? (^_^;)

お客様に興味を持ってもらいたいのなら、“そのお客様に向けたメッセージ”に仕上げて伝えるのが効果的。

そうすれば、興味を持って読んでもらえるのです。

では、どうやったら「お客様へのメッセージ」を書くことができるのでしょうか?

“例”を挙げて見ていきましょう!

例えば、クリスマスケーキのパンフレットにはよく

A)『 北海道産生クリームとベネズエラの厳選したカカオを使ったチョコレートが絶妙なクリスマスケーキ 』

といった言葉が載っています。

これは典型的な「商品紹介」 = モノが主役になっていて、“伝える相手”が見えていない例 (^_^;)

生クリームが北海道産であることやカカオがベネズエラ産であることなどは、いわば「事実情報」

情報があふれている現代では、事実情報は相手の心に響きにくいのです・・・。

では、上手な企業やお店はどのようにしているのでしょうか?

彼らはちゃんと相手に向けて、こんな風に“メッセージ”を送ります。

B) 『 生クリームと濃厚チョコ・・・2つの異なる味を互いにシェアして楽しむ、“恋人たちのためのクリスマスケーキ”です 』

C) 『 クリスマスはケーキが主役でしょ!?という人に食べて欲しい、 しっかり甘く、しっかり濃厚な、食べごたえのあるケーキです』

Bは「恋人同士の二人」に向けたメッセージ。

Cは「主役を張れるようなケーキがいい!」と思っている人に向けたメッセージになっています。

どうでしょうか?BとCは“伝えたい相手”がハッキリしていますよね。

だからこそ、「伝えたいコト」も明確になっています。

恋人同士のふたり に向けては「2つの味をシェアして食べられますよ」という点。

主役を張れるケーキが好き! という人に向けては、「しっかり甘く、しっかり濃厚。食べごたえがありますよ」という点をアピールしています。

相手が見えているからこそ、「相手が魅力を感じそうなポイント」を的確に伝える“メッセージ”にすることができるわけですね。

・・・

でも・・・「誰かに向けたメッセージ」を作るのって、やってみると意外と難しいです (^_^;)

自分のキモチを表現する訓練をしてきていな日本人にとって、「メッセージを発信する」ってなかなかタイヘン・・・。

目の前に商品があったりすると、つい「モノ」に目が行ってしまい、「商品紹介」をしたくなってしまいます。

そこで、私たちが企業やお店のサポートに入る時は、

『 この商品で、どんな人を喜ばせたいですか? 』

という質問をするようにしています。

ポイントは、

・ その商品を見せた時の“喜びの反応”が想像できる人を思い浮かべる

・ 相手の“顔”が思い浮かぶまで、具体的にイメージする

という2点。

「生クリームと濃厚チョコが“両方”乗ったケーキ」で考えてみましょう。

そのケーキで、あなたならどんな人を喜ばせたいですか?

よく出てくる“答え”が「ケーキが好きな人」。

でも、それだけではキャラクター設定が弱いです。

そもそも、顔が思い浮かんできませんよね?

ケーキを見せても「おいしそう」、「すごい」などの貧弱な言葉しか出てこない気がします (^_^;)

では、先ほどの例のような「 1つのケーキを分け合って楽しむ恋人たち 」というイメージではどうでしょう。

「 私はチョコ、彼は生クリームが好きだから助かる 」

「 両方食べて、感想を言い合ったら楽しそう 」

「 クリスマスは二人だけだから、こういうのがいいね 」

といったように仲良くケーキを食べながら、様々な感想を言ってくれそうな光景が浮かびます (*´ェ`*)

こんな二人なら、このケーキに喜んでくれそうですよね (≧∇≦)/

・・・

そして、お客様は「おいしくて喜ぶ」ばかりとは限りません

もちろん「おいしくて喜ぶ」ということはあるでしょう。

でも、それ以外にも

・ いつもは食の細い子供が食べてくれてうれしい

・ 仕事から帰ったお父さんに温かいものを食べさせられてホッとした

・ 初めてデートに誘った彼女が楽しそうで希望が持てた

・ 地元の珍しい食材を紹介してもらえたおかげで、新しい“看板メニュー”を作ることができた

・ 産地ごとにお米の味がぜんぜん違うことを発見して嬉しかった

・・・などなど。

人が喜ぶ時には、様々な“理由”、様々な“場面”があり、一つだけということはありません。

あなたの商品 / サービスでも同じようなことが言えないでしょうか?

様々な場面で、様々な人を喜ばせているはず。

あなたのシゴトで喜んでくれる人を想像する・・・実に楽しい時間ではないですか? (*´ェ`*)

・・・

あなたが

「 この商品で誰が喜ぶんだろう??? 」

と迷うようでしたら、それはあなた自身にまだまだ“商品体験”が少ないということ。

1) 自分でその商品を使ってみる / 利用してみる

2) 実際に買ってくれているお客さんに話を聞いてみる

3) 同じような商品が載っている「雑誌」を読んで研究する

といった“体験”をしていきましょう。

「ことのは塾」のお客様でも、「どうしても伝わる言葉が思い浮かばない・・・」という方がいらっしゃいましたが、

・ 自分の商品を、自分で使ってみる

・ 愛用者にごあいさつがてら、話を聞きに行く

・ 書店や図書館を活用して、お客さんが読みそうな雑誌を読み込んでみる

といった“体験”をしてもらっていく内に、だんだんと「伝えたい“想い”」が生まれ、そこからはリアルな「伝わる言葉」が書けるようになっていきました。

・・・

「伝わる言葉」は、お客様の心に届いて、お客様の“行動”に影響を与えます。

つまり、購入や検索などのアクションを促すことができる、ということ。

情報化が進んだ現代であっても、いえ、情報化が進んだ現代だからこそ、「人が人を想う気持ち」は大きなチカラを持ちます。

「 こんな人に手に取ってもらいたい 」

「 こんな人を喜ばせたい! 」

ぜひ、“本心”で思って下さい。

 そうすれば、「このコトを伝えたい! 喜ばせたい!」というあなたのエネルギーはきっとお客様に届くはずです! (≧∇≦)/

--- 「ことのは塾」 山梨 栄司 山梨栄司

区切り線

--- 「ことのは塾」の“想い”を伝えるマーケティングというコンセプトに共感して下さったいくつかの企業から、

『 おせちのパンフレットの内容を一緒に考えてもらいたい 』

『 チラシの反応がいまひとつなので改善を考えているのですが、“私たちらしさ”を前面に出せるチラシを一緒に作ってもらいたい 』

『 社員募集のため、地域にPRをしたいと思っています。我が社の魅力をどんな言葉で伝えたら良いのか・・・自分たちでは気づかないこともあると思いますので、ぜひ協力して下さい 』

といったご要望をいただき、今、一緒にパンフレットやチラシのリニューアルに取り掛かっています。

誠実な仕事をされている方は、“口下手”な方が少なくありません (^_^;)

私たちがお手伝いをさせていただくことで、その“想い”がより良くお客様に伝わるようになればと思い、精一杯、務めさせていただいております。

・・・

あなたの会社でも、

『 良い商品であることをホームページでもっと上手く伝えたい! 』

『 もっと多くのお客様から反響があるチラシを作りたい! 』

『 有望な社員・アルバイトが入ってくるような会社パンフレットにしたい! 』

というご要望はございませんか?

「どんな“言葉”を書いたらいいんだろう・・・?」と迷ったら、ぜひ私たちをお呼び下さい。

あなたの“想い”が伝わる言葉を、経験豊富な私たちが一緒に考えます!

お気軽に相談いただけるよう、「スポット(1日)」で相談ができるようなサービスを用意しております。

全国各地どこへでも伺いますし、遠方の方はオンライン相談も可能です。

もし興味を持っていただけましたら、こちらのページもご覧になってみて下さい。

「 どんな内容のサポートをしてくれるのか」

「 実際に利用した人の“声” 」

「 料金や相談時間について 」

といった情報が載っております。

あなたの“想い”が多くのお客様に届くよう、がんばります。 ぜひ、お話を聞かせて下さい!

↓ 詳しい内容はこちらをClick!

区切り線

check 「ことのは塾」のノウハウが最も早く手に入るのはTwitter!
twitter

ほぼ毎日更新しております (*´ェ`*)

マーケティングの基本から「世の中の新商品」のハナシ、「お店や動物園が仕掛けている楽しいイベント」のハナシまで。

色んな企業、いろんなお店が実践している、“想い”を伝える活動をご紹介しています!

ぜひ、Twitterのフォローをお願いします!(≧∇≦)/

https://twitter.com/kotonoha_juku

区切り線

「ことのは塾」の本「ことのは塾」の本、絶賛発売中!

--- 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。

“どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。

誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。

「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」

「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」

「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」

などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)

お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!

区切り線

「ことのは塾」フッター

pin 発行:「ことのは塾」(有限会社ビーサイド・ライブ)

pin 住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5

pin 編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部

pin お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp

pin メルマガ配信の解除 ・ メルマガの読者登録

pin「ことのは塾」プライバシーポリシー

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください