【スタートアップ支援】 ~ 世界基準の「起業支援」を・・・

eizi-icon-07 「ことのは塾」では、

・ 起業したい

・ 新商品の開発をしたい

・ 新販路を開拓したい

というお客様に対して、「リーン・スタートアップ」という手法に則ってサポートをしております。

・・・

☆ ラーニング・アントレプレナーズ・ラボの飯野さん、堤さんから実践的サポートをいただいております

リーン・スタートアップに関しての詳細は、こちらのページを参考になさって下さい。

LSU

http://www.hitachi.co.jp/products/foresight/strategy/015/

・・・

この手法では、「 “答え”はお客様のところにある 」として、仮説 → お客様の所で検証 → 修正 → 再び検証 → ・・・という実践サイクルを繰り返し、「このニーズは確実にある」、「ここにお客さんになる人たちがいる」、「この商品・サービスなら、この価格・料金で売れる」という確証を得ていきます。

実際に「ことのは塾」に相談に来られている方も、このサイクルを回しています。

・ 農家さんとレストランに足繁く通って、「こういうコトってしていませんか?」とインタビュー

・ ベビーマッサージの先生が、産院のニーズを探るためにインタビュー

・ アロマ教室の先生が、企業に対して、香りのニーズがあるかを検証中

・・・といったカタチで実践をしています。

 

正直、カンや経験ではサポートが難しくなってきています。

お客様のニーズは多様化し、私たちサポート側が思いもよらなかったニーズや解決策が出現しています。

そのため、私たちは「こんな商品・サービスにしたらいかがですか?」、「こんな人にアピールしてみたらいかがですか?」というアドバイスを、あくまで“仮説”にとどめ、「方向性が決まったら、一度、お客様に聞きに行きましょう」とアクションを促しています。

 

ここで動かない方は、その後のサポートができません。

そのため、「本気で取り組む方」だけが残ります。

“現場のニーズ”に触れた方は、よりリアルな「アイデア ver.2.0」を持って、また相談に来て下さいます。

この“好循環”は、健全なモチベーションを産み、確かな“成功”に近づいていきます。

・・・

能書きだけの起業サポートになってしまわないよう、一所懸命、「世界基準の起業支援」ができるように努力します!

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください