【「ことのは塾」相談日記】 ~ 時給に換算すると・・・200円?!

「ことのは塾」相談日記-01-時給低すぎ

【 お悩み 】

--- 手作り革小物の製造・販売 :吉永さん(仮名)

手作りの革小物(動物型のキーホルダー)を作っていますが、相場を考えて、1つ800円くらいで売っています。

正直、売れていないことはないのですが、手作りのため、一つ作るのに2時間はかかってしまいます。

包んだり、販売をしてくれる土産物店に置きに行ったりする時間も考えると、時給は200円以下に・・・。

この状態をどうにかしたいのですが、どうしたら良いでしょう。
【 こんな対応をしました 】

革小物をどこの「市場」に売るか?をもう一度、考えてみましょう。

まず、今現在の吉永さんの「市場」は『おみやげ品店』さんですね。

そのお店には、メーカーが作るキーホルダーも同じように置かれているのではないでしょうか。

そして、それを見て“相場”を考え、800円という値付けをされたのだと思います。

メーカーは機械も使って大量に生産するので、800円/1コでも黒字になるのでしょう。

そういった相手と同じ土俵(=同じ市場)で戦うのは、正直、難しいです。

おすすめは「市場」を変えること。

手作りができる、ということは、お客様のご要望に対して、オーダーメイドの対応もできるのではないでしょうか?

であれば、安い既成品が置かれるお店に作品を置く必要はありません。

高い値段でも欲しいという人に向けて、「他ではできない革小物」を作ることで、ちゃんとした利益を得ていきましょう。

【 その後 】

「オーダーメイドなら、高値で売れる」というのは、よくあるパターンです。

しかしながら、成功確率は非常に低い。

それは、「市場」をしっかりと見ていない場合に起こります。

今回は、

A) 自分がどのようなモノを作ることができるか? --- これまでの経験・職歴・製作スキル...etc.

→ レストランでアルバイトをした経験があり、飲食店の内情を知っている

B) どんな人が何で困っているか? それは何があれば解決できそうか?

→ ハンバーグやステーキなど、カントリー調の店内を作っているお店は、できるだけ“プラスチック製品”を使わないようにしたいと思っている。

しかし、店内にはプラスチックのモノがどうしても存在する・・・

→ 店内のプラスチック製品をカバーする「皮カバー」があれば良いのでは?

→ 本当にニーズがあるかわからないので、お店に人たちに聞いてみよう!

C) どうやってその人たちにアプローチする?

→ 以前のアルバイト先の店長に話を聞いてみる。

といったカタチで「市場」の実態を知るようにしました。

結果は上々。

話を聞くことによって、レストランが困っていたことがより鮮明になり、革小物作家として“やるべきこと”が明確になりました。

※ 実際に現在進行形の起業サポート案件を元にしたお話ですので、実際と異なるフィクションの内容が一部含まれております。ご了承下さい。

【 まとめ 】

--- 今、あなたが見ている「市場」で、ちゃんと黒字化できていますか?

もしそうでないのなら、「市場を変える」ことが復活の道となるかも知れません。

どのような「市場」が自分の場合は合っているのか? もし、ひとりで答えが出なかったら、ぜひFacebookでメッセージを下さい (#^.^#)

一緒に考えていきましょう!

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください