こんにちは~!ことのは塾の山梨若菜です。

スイスでは、こんな朝食が食べられているらしいですよ!

ロスティという、ハッシュドポテトのような料理。

千切りのじゃがいもを固めて焼いたパンケーキ型のものです。

 

塩コショウで味付けするみたいですが、その上にサワークリームを乗せてもいいらしい。

カリカリに焼いたらおいしいだろうなぁ・・・

 

しかし、朝からじゃがいもを千切りにするのは一苦労。

ただでさえ私は千切りが苦手です。(太くなっちゃう)

そんなときに便利なのがこちら!

 

 

「スイスデリス」というメーカーさんから出ている「ロスティ」。

これ、フライパンで焼くだけでいいんです!簡単。

テレビでも紹介されていたようで、けっこう人気商品みたいなんですよ。

 

ずっしりとしていて、たっぷり入ってる感じがします。

野菜ダシやレモン果汁などで味付けがされているようで、おいしそう。

 

ふわっと焼くためには、袋の中ですこし崩してからフライパンに移し、丸く成型して焼くとのこと。

この時点で塊がぽろぽろに崩れちゃうので、ちょっと不安。

焼き目をつけてしっかり固めないと、裏返すときに崩れちゃいそう・・・

じっくり固めるために、弱火にしてじわじわ焼いていたら、倍くらいの時間がかかってしまった。

(本来、10分で焼けるそうです)

できあがりはこちら!

 

じっくり焼きすぎたので、つぶれた感じになっちゃったけど、おいしそうでしょ!!

カリカリに焼けました。いい色です!

サワークリームを乗せて完成。

なんだか、ホットケーキにおしゃれなバターが乗ってるようにも見えますね。

じゃがいもですよ。

 

思っていた通り、味はしっかりめで濃く、サワークリームが合ってとてもおいしい!

朝食でもいいんだけど、おやつやおつまみにもなりそうな味です。

ビールがあってもいい感じ。

ケチャップとマヨネーズでもおいしいかもしれません。

 

ロスティはシンプルな料理なので、いろいろアレンジをして食べるみたいです。

定番は目玉焼きとベーコンを乗せた朝食スタイル。

小さく焼けばカナッペみたいになります。スモークサーモンとサワークリームを乗せたり・・・おいしそう。

変わったところでは、グラタンにするということもできるみたい。チーズとあわさったらさらにおいしいかも。

 

スイスではどうやって食べられているのでしょうかね?

朝食だけじゃなく、おつまみにもするんでしょうかね?

 

 

◆山梨若菜

メール:wakana@kotonoha-juku.co.jp

★なにかおもしろい食べ物情報があったら教えてください。(^^)

ことのは塾のメールマガジン配信しています!

山梨栄司の、わかりやすく実用的なマーケティングの話。週1配信です。

大変好評で、配信のたびにファンレターいただいているそうです。(^^)ありがとうございます。

下のバナーからご登録いただけますので、ぜひ!

 

◆「おいしさを伝えることば塾
山梨若菜(ペンネーム山佳若菜)著
同文舘出版

たべものを売るお店の皆さんに向けた楽しい実用本です。

「おいしい」をどういう手段と表現でつたえるか?をマーケティング視点から書いています。

経営者さん、店長さんにはもちろん、パートさんアルバイトさんにも読んでもらいたいと願って、できるかぎり楽しく書きました。

この本を読んでみんなで一緒にPOP作ったり、お店のブラックボード書いたりしてほしいです。

ぜひお店の事務所に一冊置いてください。お役に立ちますよ♪