こんにちは!販売士の山梨若菜です。

今日、動物園に行ってきましたよ!

動物園、ひとりで行くと、園内の演出的なところをじっくり見れていろいろ参考になったりします。

動物園もお店の運営と同じで”お客さんを楽しませる””また来てもらう”というところに力をいれているので、そういう視点でみると大変おもしろい発見があるのです。

例えば、私がいつも”最強”だと思って見ているのはコレ。

 

園内のところどころにある動物クイズのパネル。

上のパネルは動物の耳当てクイズ。

番号をめくると答えが出てくるタイプですね。

 

こちらは動物の口当てクイズ。

 

そして、ちょっと変わったタイプのも。

下の写真は卵当てクイズ。

 

この、答えをめくるタイプのクイズパネル、”最強”なんですよ!

小さいお子さんのいるご家庭の方は、よくご存じかと思いますが、これ、このクイズ、

動物よりも人気がありません?(-ω-;)

 

お子さんたち、このパネル見かけると、動物そっちのけで走っていって、クイズをやりだす。

お~い、それをやりに来たんじゃないよ~!本体を見ようよ~!

と、親御さんは思います。(^▽^;)

 

それくらいキャッチーな存在なんです!注目度最強!

なぜ?ってくらい、お子さんはこのパネルに反応する。

もうすごい魔力だなぁと、いつも思うのです。

 

クイズのタイプからして、子供向けの誰でもわかるクイズなので、大人のお客さんには受けがよくないのだけど、

たぶん、大人向けのクイズをつくれば反応はあると思うのですよ。

 

ただ説明されるよりも、クイズにすると私たちは急に知りたくなる。

というところがあるのです。不思議ですね。

 

そして、そのクイズをやったことで、そのものに強い興味を持ったり、深く記憶する。

”考える””想像する”という行動をしたことで、特別な記憶になるのです。

 

クイズってすごい魔力があるのですよ!

 

つまり、クイズを使えばもっと商品を上手に見せられる、注目してもらえるということ!

 

ちなみにこのクイズパネル方式、スーパーで使っているところを知っています。(* ̄▽ ̄*)

クイズパネルのPOPにしていましたよ!

めくって答えを知るタイプにつくられていました。

絶対にお客さんめくっていくはずです。( ̄▽ ̄)

 

 

◆山梨若菜

幸せなお店をつくる販売士

メール:wakana@kotonoha-juku.co.jp

★動物園のヤギが人懐こくてかわいかったです。ヤギ臭くなって帰ってきました。笑

ことのは塾のメールマガジン始まりました!

ぜひ登録してください!

 

社内で想いをひとつにしたい…

お客様と上手にコミュニケーションを取っていきたい…

みんなで積極的に動けるチームをつくりたい…

そんな方が社内で開催しています。

「ことのは塾」想いを伝えるマーケティングセミナー

 

◆「おいしさを伝えることば塾
山梨若菜(ペンネーム山佳若菜)著
同文舘出版


経営者さん、店長さんにはもちろん、食品小売店、飲食店のパートさんアルバイトさんにも読んでもらいたいと思って書いた、販売促進の本です。
POP・チラシに何を書いたらいいのか、お客さんに商品をどうやってアピールしたらよいのか、この本を使えば楽しく勉強できます!
わかりすく楽しいイラスト解説付き。
みんなで一緒にチャレンジしてほしい販促ネタが詰まっています。
ぜひ、お店の事務所に一冊置いてください!