こんにちは!販売士の山梨若菜です。

皆さん、レストランやカフェにひとりで行くことありますか?

その時って、何をして過ごしてます?

よく、「カフェで本を読みながらゆっくり過ごす」みたいな話を聞きますが、実際はどうなのでしょう?

私はけっこう落ち着かないほうなので、スマホを見たり、意味なくメモ帳を開いたりしてしまいます。(^▽^;)

そんな”気まずいひとりのお客さん”が手持無沙汰にならずゆっくり過ごせるカフェがあったら・・・

 

 

以前、観光地の大きな公園に立ち寄ったときに、歩き疲れて近くのカフェに入ったのです。

コーヒーとクレープを頼んで、適当な席に座り待つことにしました。

あ~、なんだか手持無沙汰だなぁ~・・・と思ってスマホを見ようとしたのですが、

・・・あれ?

ひとり客が座る用の大きなテーブルの上に、ノートが。

 

なんだろう?と思って開くと、

それはお店に来たお客さんが書き込む”交換日記”でした。

 

「苺のクレープがおいしかったです!クリームがたっぷりでうれしかった」

「いつもここでコーヒー飲んでいます。カフェモカがお気に入り」

みたいなメニューの感想があったり・・・

 

「近くの〇〇神社へお参りに来た帰りに寄りました。」

「〇〇公園を散歩してきました。お天気が良くて気持ちよかった~」

という近くの観光スポットの話がかいてあったり・・・

 

かわいい絵が添えられているメッセージもあって、

見ていてとてもおもしろい!

 

なかには、このノートを見るお客さん向けに、

「チョコレートプリンがおいしいです!おすすめ!」

「〇〇動物園行ってみて!地味だけどおもしろいよ!」

なんていう、おすすめ商品やおすすめ観光スポット紹介をしているメッセージも。

 

どれも、このカフェに座ったお客さんが書いたもの。

手書きで書かれているのもなんだかリアルで、書いた人を想像してしまうようなおもしろさがあります。

お店側のメッセージは何もなくて、ただただお客さんのメッセージが続いているだけなんだけど、そこもいい。

 

ひとりで座ってる私も、この”交換日記”を見ると、なんだか誰かと一緒におしゃべりしているような気持ちになりました。

たぶん、このノートを書いている人の中には、ひとりで来ているひとも多いはず。

ひとりで座って、誰かが書いたメッセージを見たり、書き込んだり・・・

ひとりなんだけど、ひとりじゃない。

そういうカフェの過ごし方もいいなぁと感じました。

 

 

◆山梨若菜

幸せなお店をつくる販売士

メール:wakana@kotonoha-juku.co.jp

★私はひとりで飲食店に入ると、小さなメモ帳を出して、適当なことを書いてすごしたりします。

仕事をしている風で、晩御飯やお弁当のおかずを考えていたりする場合が多いです。

ことのは塾のメールマガジン始まりました!

山梨栄司の、わかりやすく実用的なマーケティングの話。週1配信です。

なかなか好評で、配信のたびにファンレターいただいているそうです。(^^)ありがとうございます。

下のバナーからご登録いただけますので、ぜひ!

 

 

「ことのは塾」想いを伝えるマーケティングセミナー

 

◆「おいしさを伝えることば塾
山梨若菜(ペンネーム山佳若菜)著
同文舘出版


経営者さん、店長さんにはもちろん、食品小売店、飲食店のパートさんアルバイトさんにも読んでもらいたいと思って書いた、販売促進の本です。
POP・チラシに何を書いたらいいのか、お客さんに商品をどうやってアピールしたらよいのか、この本を使えば楽しく勉強できます!
わかりすく楽しいイラスト解説付き。
みんなで一緒にチャレンジしてほしい販促ネタが詰まっています。
ぜひ、お店の事務所に一冊置いてください!