こんにちは!ことのは塾の山梨若菜です。

最近は、スーパーのドリンクコーナーでも時々見かけるようになった”チャイ”。

スパイスの入った甘いミルクティーです。

私はこれが大好き!

本場のインドではチャイを売る露店なんかがあって、大きな鍋を前に、おじさんが床に胡坐をかいた姿勢でチャイをつくっているようです。

これもYouTubeの旅動画で見ました。

↓こんな感じで、グラグラとチャイを煮ながら、空気を入れるために高いところから注いでいる。

 

そのシーンを見ると、とても大雑把な感じがするのです。

コゲコゲのお鍋を使っているし、牛乳も強火でボコボコなるくらい沸かす。(ロイヤルミルクティは牛乳沸かさない)

なんか繊細さを全く感じないのですが、

これが、とってもおいしいらしいです!!

日本では味わえない風味だとか・・・!!

スパイスも少し違うのだろうけど、牛乳も濃厚なものをつかうので濃いのだそうです。

できあがったチャイは、日本で見るものと見た目が違う。

 

動画で見たインドのお店のチャイは、素焼きのカップで提供されていました。

高いところから何度も注いで空気を入れているので泡立っているのです。口当たりも滑らかになるのかも?

サフランを最後に散らしておしゃれしているのもステキ。

すごく熱々で甘いみたいだけど、おいしいらしいです。

飲んでみたいですね~!!

 

インドにはいけないけれど、本格的でスパイシーなチャイをつくろうと思ってこんな商品を試してみました。

チャイのスパイスミックスです。

「ティーマサラ」という名前。

私はチャイを家で沸かして飲むこともあるのですが、なんか納得いかなかったのです。

使っているスパイス入り紅茶には、2種類くらいしかスパイスが入っていなくて、どうも物足りない。

もうすこし、こう、パンチが効いたのを飲みたいなぁ~と思っていたのです。

この「ティーマサラ」の良いところは、スパイスの類が10種類くらい入ってるところ!

生姜や黒コショウなどピリッとくるものから、カルダモンとかローリエとかの甘い香りや爽かな香りのものまで、いろいろ入っているのです。

 

普通の紅茶を沸かして、ティーマサラと牛乳をいれて、さらに沸かして飲んでみると・・・

とてもいい香り。そしてポカポカする感じ。

 

温かいというよりは、毛穴から蒸気が出るようなカーっとした感じがします!

生姜や黒コショウの効果ですかね?

スパイスの種類が多いせいか、香りが深くておいしい。

やっぱり、スパイスが重要ですね!

沸かさなくても、ミルクティに振りかけてもいいので、けっこう便利。

ちなみにヨーグルトに振りかけてもいいらしい!

やってみたら、インド風のヨーグルト(?)になりました。意外においしいです。

 

本格的なチャイ、いつかインドの露店でも飲んでみたい。

でも勇気がいりそうですね。

 

 

◆山梨若菜

メール:wakana@kotonoha-juku.co.jp

★なにかおもしろい食べ物情報があったら教えてください。(^^)

ことのは塾のメールマガジン配信しています!

山梨栄司の、わかりやすく実用的なマーケティングの話。週1配信です。

大変好評で、配信のたびにファンレターいただいているそうです。(^^)ありがとうございます。

下のバナーからご登録いただけますので、ぜひ!

 

◆「おいしさを伝えることば塾
山梨若菜(ペンネーム山佳若菜)著
同文舘出版

たべものを売るお店の皆さんに向けた楽しい実用本です。

「おいしい」をどういう手段と表現でつたえるか?をマーケティング視点から書いています。

経営者さん、店長さんにはもちろん、パートさんアルバイトさんにも読んでもらいたいと願って、できるかぎり楽しく書きました。

この本を読んでみんなで一緒にPOP作ったり、お店のブラックボード書いたりしてほしいです。

ぜひお店の事務所に一冊置いてください。お役に立ちますよ♪