こんにちは~!販売士の山梨若菜です。

先日泊まったホテル。ロビーに着いた瞬間、

なんとな~く心地が良い。

空気が良いというか、落ち着くんです。

安心して泊まれそうな良いホテルで良かった~って、その時に思いました。

 

さて、なんでこう思ったのでしょう??

しばらくしてから気が付いたのですが、この”なんとなく心地よい”理由がわかりました。

 

 

そのホテルのロビーには、柑橘系のアロマが程よく炊かれていて、とても良い香りが漂っていたのです。

清潔感を感じるその香りが、”なんとな~く心地良い空気”を醸し出していました。

”香り”って、心地いい空間をつくれてしまうんですよね!

 

同じように、”音”も空間をつくります。

お店に入った瞬間、なんとな~く優雅な気分になる。

その”優雅な気分”のモトは、スピーカーから程よく流れるクラシック音楽だったりします。

 

”なんとな~く心地いい気分”にできる香りと音。

これって実は評価されにくい。

なぜかというと”見えない”から。

でも、お客さんは確実に感じ取っています。

 

あそこの店、なんか雰囲気がいいんだよね~

あのケーキ屋さん、高級感あるよね~

あのカフェ、なんかわくわくするんだよね~

あのスーパー、なんかノスタルジー(郷愁)感じるんだよね~

 

↑これ、原因は商品とか店構えだけじゃないことが多いんですよ。

皆さんもぜひ、”なんとなく心地いい”と思ったら、そのモトを探ってみてください。

 

◆山梨若菜

幸せなお店をつくる販売士

メール:wakana@kotonoha-juku.co.jp

★無印のお店がよくジンジャー系のアロマを炊いてますが、あれもいい香りで落ち着きますよね~

ことのは塾のメールマガジン始まりました!

ぜひ登録してください!

 

社内で想いをひとつにしたい…

お客様と上手にコミュニケーションを取っていきたい…

みんなで積極的に動けるチームをつくりたい…

そんな方が社内で開催しています。

「ことのは塾」想いを伝えるマーケティングセミナー

 

◆「おいしさを伝えることば塾
山梨若菜(ペンネーム山佳若菜)著
同文舘出版


経営者さん、店長さんにはもちろん、食品小売店、飲食店のパートさんアルバイトさんにも読んでもらいたいと思って書いた、販売促進の本です。
POP・チラシに何を書いたらいいのか、お客さんに商品をどうやってアピールしたらよいのか、この本を使えば楽しく勉強できます!
わかりすく楽しいイラスト解説付き。
みんなで一緒にチャレンジしてほしい販促ネタが詰まっています。
ぜひ、お店の事務所に一冊置いてください!