みなさんの会社、どんな風に”会議”をされてますか?

こんな話をよく聞きます。

 

『みんなからの意見やアイデアを聞く機会があるといい、って言うのはわかるけど、うちの会社じゃみんな黙っちゃって何も言わなくなっちゃいますよ。』

 

『会議で発言する人って限られていますよね。よく発言する人と、そうでない人が別れる。結局のところ発言力がある人が決定権をもつことになってしまいます。』

 

 

特に意見が出ない。

発言をする人が限られてしまう。

それだと、”みんなで話し合う”意味がないですよね。

 

 

さて、まず、なんでこうなってしまうのでしょう?

 

”発言しない人”には意見がないのでしょうか?

 

実はそうでもないんですよ~。(*^_^*)

なぜ、そんな事が言えるかというと・・・

 

私自身、会議でうまく意見が出せない派です。σ´▽`;)

 

でも、言いたいことはあるんですよ。

ただ、まとまらなくてすぐに出てこなかったり、自分が発言していいタイミングを見計らっているうちに時間がたってしまったりして、けっきょく何も発言しないまま終わってしまうのです。

遠慮していたり、ちゃんと発言しようと思いすぎたりするのが原因。

 

そんな私みたいな人は多いのではないでしょうか?

これは本人にとっても、周りにとっても、もったいないことです。

 

そこで、みんなが意見を言いやすくなるこんな方法があります!

まず先に、意見やアイデアなどを紙に書いてもらうのです。

全員に紙を渡して、ひとりひとり、言いたいコトを簡単に書いてもらう時間を取る。

そうすることで、アタマの中にある内容を紙に落とします。

 

そして、一人ずつそれを発言していきます。

内容は紙に書いてあるので言いやすいですし、紙を見せながら話せば伝わりやすいですね!

 

この紙は、発言した後ホワイトボードなどに貼っていって、みんなが見られるようにしておくと良いでしょう。

司会の方は、みんなからどんな意見が出たのか、紙を整理して貼っていけるとなお良いですね。

大き目の付箋を使うと便利ですよ。

発言内容は、ボードに貼ったときに見えるように、太めのペンで短く書いてもらいましょう。

 

この形式なら、みんなから意見やアイデアをもらいやすくなります。

(私も、このやり方では意見を出しやすい!)

みんなに発言してもらったほうが、いろいろな視点から物事を見れますし、思いがけないアイデアが出てきたりします。

できれば、全員に発言をしてもらいたいですよね!

会議で意見が出ない・・・

発言する人がいつも一緒・・・

そんな場合は、ぜひ先に”書いてもらう”を実践してみてください!

 

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

◆山梨若菜

幸せなお店をつくる販売促進アドバイザー

2級販売士

メール:wakana@kotonoha-juku.co.jp

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

◆「おいしさを伝えることば塾
山梨若菜(ペンネーム山佳若菜)著
同文舘出版


経営者さん、店長さんにはもちろん、食品小売店、飲食店のパートさんアルバイトさんにも読んでもらいたいと思って書いた、販売促進の本です。
POP・チラシに何を書いたらいいのか、お客さんに商品をどうやってアピールしたらよいのか、この本を使えば楽しく勉強できます!
わかりすく楽しいイラスト解説付き。
みんなで一緒にチャレンジしてほしい販促ネタが詰まっています。
ぜひ、お店の事務所に一冊置いてください!

 

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚