私は、水族館や動物園がとても好きで、ひとりでも行きます。

行きたいところの情報を常にチェックしていたりするんですが、

水族館や動物園も、お店と同じように”集客”にとても力を入れているんですよね。

そのためにイベントやキャンペーンもやる。

でも、お店とは”集客の視点”が少し違うんですよ。

それはどういうことかというと、

 

動物園・水族館のイベント集客は、商品(この場合、展示している生物)への”愛情”が基盤になっている、ということ。

 

 

動物園・水族館のブログやTwitterなんかをチェックしていると、とても頻繁にイベントを行っていることがわかります。

ラッコちゃんへの氷のプレゼント、みたいな小さなイベントから

裏舞台が見られるバックヤードツアー、のような大きなイベントまで。

それらのほぼすべてが、生物の魅力をアピールしたもの。

 

こういう行動が可愛いんです!

こんな面白い生きものなんですよ!

見て!見て~!!

 

・・・という、生物への愛情がたっぷり。

 

ただ集客をしたいから、という感じではなく、

見てほしいから来てほしい!

共感してほしいから知ってほしい!

という感じがあふれている。

生物の魅力を伝えるためにイベントを作っている、という感じ!

だから、情報を見ていると、すごく「行きたい!」って思っちゃうんですね。

 

 

会社・お店もこんな風に、自分の商品に愛情が持てると素晴らしい!

買ってください、というのではなく、

商品・サービスの魅力を知ってほしい!共感してほしい!

という気持ちが大事です。

 

そのためには、商品の良いところ、面白いところ、などをみんなで知っておくことが必要ですね。

 

 

こんな風に言えばお客さんは買ってくれるだろうから・・・

ではなく、

本心から、商品・サービスをおすすめする。

結局はそれが一番効果が高いのです。

人の心って大事ですよね。

 

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

◆山梨若菜

幸せなお店をつくる販売促進アドバイザー

2級販売士

メール:wakana@kotonoha-juku.co.jp

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

販売促進をみんなでできる集団になろう!【みんなで販促 ワークショップ】

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

◆「おいしさを伝えることば塾
山梨若菜(ペンネーム山佳若菜)著
同文舘出版


経営者さん、店長さんにはもちろん、食品小売店、飲食店のパートさんアルバイトさんにも読んでもらいたいと思って書いた、販売促進の本です。
POP・チラシに何を書いたらいいのか、お客さんに商品をどうやってアピールしたらよいのか、この本を使えば楽しく勉強できます!
わかりすく楽しいイラスト解説付き。
みんなで一緒にチャレンジしてほしい販促ネタが詰まっています。
ぜひ、お店の事務所に一冊置いてください!

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚