wakana-icon-01

こんにちは!ことのは塾の山梨若菜です。

スーパーの青果コーナーには柿が並び、秋を感じますね!

私は柿がとても好きです。

昨年、実りが良かったのかなんなのか、柿がとってもおいしく、しかも安かった!たくさん買って食べていました。

今年も、やっと値段が落ち着いてきたようなので、消費者としては大変うれしいですね~。

今回はその、おいしい旬の柿の売り方について!

02-1

ところで、柿の食べ方って、みなさんどれくらい知っていますか?

普通に皮をむいて食べるという方が多いと思いますが、それ以外にもおいしい食べ方があるようです。

 

 

実は私、これを知ったのは去年のこと。

安いのでついたくさん買ってしまい、食べきれなくて熟しすぎてしまった柿。

触っただけでグズグズしていて、ちょっと気持ち悪い感じ・・・

もう捨てるしかないな。もったいないなぁ・・・

 

と思っていたら、

 

うちのおばあちゃんが、その柿を欲しいと言うのです!

 

なんでも、ヘタの部分を切り落として、スプーンで中身をすくって食べるのだという・・・!!

それが、おいしいのだそうです!

 

・・・知らなかった~!!!

 

02-2

私はまだこの食べ方を試したことは無いのですが、熟しすぎの柿のほうがおいしいという人もいるそうです。

甘みが強くなるんでしょうね。

 

また、熟しすぎた柿を丸ごと冷凍して、ヘタを切り落とし、シャーベットのようにすくって食べるのもおいしいのだとか!

こちらはネットでたくさん情報が出ていました。

 

たまに熟しすぎの柿を売っているのを見かけますが、あれはそういう事なのでしょうか??

シニアの方々は当たり前のように知っていることなのかもしれませんね。

 

 

このへんの「実はおいしい食べ方」という情報を、意外と一般の人は知らないです。

お客さんに、おいしい食べ方を教えてあげましょう!

 

「熟しすぎてしまった柿のおいしい食べ方 ~柿のシャーベット~」

 

「たくさん買いすぎても大丈夫!柿は熟しすぎでもおいしく食べられるのです!~スプーンですくって食べる柿のデザート~」

 

という感じに、POPで紹介してあげると、お客さんも楽んでくれますよ!

売り場に”楽しい情報”を!