wakana-icon-01

こんにちは!ことのは塾の山梨若菜です。

先日、【販売促進メモmini】の方でも少し紹介しましたが、モスバーガーの店舗にあった大型POP。

期間限定メニューの「クリームチーズテリヤキ」を紹介するPOPだったのですが、これがとても面白い内容でした!

クリームチーズテリヤキにフォーカスするのではなく、定番商品のテリヤキと同時に紹介されているのです。

それも、”どのようなメニューか?”という商品説明をするのではありません。

店員さんが2つの”テリヤキ”を試食し、そのコメントを書いてアピールしているのです。ここが面白い!

 

2016-04-25-01

 

定番のテリヤキを食べた店員さんは・・・

「やっぱりコレだな!というホッとする味。私は中学生のころからモスバーガーではテリヤキと決めています」

期間限定クリームチーズテリヤキを食べた店員さんは・・・

「ちょっとクドいかな?と思っていましたが、意外に最後までおいしく食べれてしまいました!クリームチーズ合いますね」

と、こんな感じのコメントが、それぞれ3つくらい書かれていました。

(内容は正確ではありませんが、このような感じのことが書かれていました)

面白いのでついつい読んでしまう!そして、食べたくなってついつい買ってしまいました。

私が買ったのは、やっぱり期間限定のクリームチーズテリヤキ。

でも、定番のテリヤキもおいしそうだな~・・・今度はテリヤキも食べてみようかな~・・・

なんて、思いました。

2つを比較するように紹介されると、どちらもおいしそうに思えてしまうという不思議な効果があります。

そして、やはり一番こころを動かしたのは、店員さん達の実際のコメント。

複数人でワイワイとコメントしているのがミソなんです。

ひとりでやるよりも、複数人でコメントしたほうが賑やかで盛り上がっているイメージが出せます。

実際にこのような試食会やコメント合戦をすると、店員さんたちが楽しくわいわいと話し始め、元気な雰囲気になったりするものです。

そのようなイメージは、POPになってもお客さんにも伝わるもの。

「店員さんたちも期間限定メニュー食べてるんだな・・・。おいしいって言ってる。みんなで食べたのかな?楽しそう。」

なんて、想像します。

ワイワイ盛り上がっていると、自分もその中に入りたくなる。

そんな楽しい雰囲気、リアルにおいしそうなコメントから、「私も食べたい!」と思うわけですね。

このように、店員さんたちがみんなでワイワイ盛り上げる効果は、実はとても大きいのです。

 

同じような例で、「投票」をしていくやり方があります。

ある酒屋さんでは、5種類のドレッシングをアピールしていくにあたり、みんなで「どれが一番おいしいか?」の投票をしました。

その際に、ちゃんとその理由もコメントしてもらいます。

結果はチラシの内容として使い、そのチラシも店内にPOPとして掲示されました。

投票で1位になったドレッシングには、大きく「店内投票で1位!」と書かれたPOP、そしてフェースもちょっと多め。

投票をして、みんなが「おいしい!これはおすすめ!」と言っていることがリアルに楽しく伝わるようになりました。

こうなると、やはりドレッシングに注目するお客様が多くなるものです。

店員さんたちは、みんなで投票したものなので、この話題はとっても切り出しやすい!

ドレッシングのところに立ち止まるお客様に積極的にお話に行くようになりました。

実際にみんなで投票をしたことや、どのドレッシングがおいしかった、などお話しすることで商品のアピールになります。

興味を持ってドレッシングを購入するお客様も増えましたが、もうひとつ良いことが。

お客様とのコミュニケーションが出てくることで、明るい雰囲気、温かい雰囲気が生まれ、顔見知りの常連さんもが増えてきました。

このお店では、たびたび商品の人気投票を行うようになり、だんだんとそこにお客様も入ってきてくれるようになりました。

人気投票があると、「私はこのシリーズでは○○が一番おいしそうだと思う」と、お客様が話しかけてきてくれるのです。

お客様から頂いた「おすすめコメント」をPOPに張り付けていくと、さらに賑わい感が増してきます!

店内での人気投票が、お客様も巻き込んでの投票になっていくわけですね。

 

みんなでワイワイ盛り上がっていると、自分もその中に入りたくなる。体験してみたくなるという心の動きがあります。

また、それだけ注目されている商品だと思うと、どんな味なのかな?と気になって試してくなるものなのですね。

お客様へのアピール以外にも、店員さんたちの間で商品の情報が上手に共有できる手段にもなります。

商品の紹介を一人で背負うのではなく、みんなで楽しくやってみるのも良いですよ!

・・・おわり

line01

◆今回の記事のご感想はこちらまで!

wakana@kotonoha-juku.co.jp

※記事・イラスト等の無断転載を禁止しております。