wakana-icon-01

こんにちは!ことのは塾の山梨若菜です。

GWが近くなってまいりました!

皆さん、今年はどのように過ごしますか?

今年は飛び石連休になるので、近場のレジャーが多いと予想されていますが、そうなるといっそのこと「家でくつろぐ」という選択をする人も多いのではないでしょうか。

ご家庭の場合、”お父さんが張り切って料理をする”というシーンもたくさんありそうです。

近年ますます”料理をする男性”が増えてきていて、自分で食材の買い物もしているそうですよ!

 

2016-3-28-01

 

このGW、食材を売るスーパーマーケットや小売店は、「男性に向けた料理の提案」をしていくとよいでしょう。

ということで、今回は「家庭で料理をする男性」に的を絞って、そのニーズを考えてみましょう!

皆さん、本屋さんにはよく行かれますか?

主婦の料理本のコーナーには、最近、男性向けの料理本が多く置かれています。

男性のためのお弁当作りの本、

男性のための”基本の和食づくり”の本

シニア男性をターゲットとした家庭料理指南書

・・・など。

以前は、男性の料理といえばアウトドアクッキングなどのワイルドな料理が想像されましたが、今はもう違うのです!

男性も普通に家庭の料理をし、料理の基礎を勉強している時代。

でも、女性の主婦の料理とちょっと違うところがあるのです。

それは何かというと、”食材や料理法の細かいこだわり”

例えば、「良い食材を使ってみたい」「レシピを忠実に再現したい」「時間をかけてもちゃんとつくりたい」というもの。

女性の主婦の料理は「リーズナブル感」だったり「簡単で早くできる」「アレンジしやすい」などのキーワードが雑誌等でよく取り上げられていますよね。

料理好きの方に愛用されている「クックパッド」も、そんな女性の主婦のニーズをしっかりキャッチしています。

しかし、男性には、クックパッドで料理をするのは難しいと感じる方も多いらしいですよ。

また違ったニーズがあるのですね。

 

2016-3-28-02

 

家庭で料理をする男性が増えたことで、スーパーマーケットのお客さんにも変化が出てきています。

少し前は、スーパーマーケットというと「女性の主婦」のお客様が中心でしたよね。

しかし、そこが少し変わってきているのです!

スーパーに買い物に行くと、最近多いのがシニア夫婦のお客様。

商品の”目利き”をふたりでしているシーンをよく見かけます。

 

2016-3-28-03

 

どの商品を選ぶのか?調理法はどうするのか?なども、ふたりで相談しているようなのです。

以前は、お買い物をするのは奥様、荷物をもってくれるのが旦那さん、というシーンがよくありましたよね。

旦那様は、奥様が商品を選んでいる横で、手持無沙汰に待っているところをよく見かけました。

しかし、今は、旦那さんが進んで買い物に参加しているのです。

つまり、これは、日常の食材の買い物にも”男性の視点”が入ってきているということ!

それならば、男性のお客様に向けた商品紹介や、男性の料理に合わせたレシピ提案が必要になってきますよね。

なのに現状では、この男性の料理ニーズに対応できているお店は少ないのです。

男性の料理に関してのニーズを探るには、男性向けの料理本を見るのがおすすめ。

男性に人気の料理ブロガーさんや料理家さんも最近は出てきていますので、どのような関心ごとがあるのか、まずはチェックしてみてください。

このGW、「家庭で料理をする男性」はさらに増えるはずです。

ここでしっかり準備をしておけば、料理好きな男性のお客様をゲットできるチャンスですよ!

・・・おわり

line01

◆今回の記事のご感想はこちらまで!

wakana@kotonoha-juku.co.jp

※記事・イラスト等の無断転載を禁止しております。