e_ha001

 

こんにちは!

「ことのは塾」のやまなしです。

 

『 お客様の立場に立って、商売をしましょう 』

よく聞かれる言葉ですね。

このブログのテーマに合わせて言えば、

『お客様の立場に立って、DMやホームページの文章を書きましょう』

といったところでしょうか。

でも・・・それがカンタンにできれば苦労は無いですよねぇ(苦笑)。

しかし「お客様の立場になって考えるコト」は、売り上げアップにとても効果的であることには間違いありません。

そこで今日は一つ、お客様の立場に立ってキャッチコピーを書いてみましょう!

————————————————————————–

ただ、漠然と「お客様の立場」というものを想像していても、ラチがあきません。

一言で「お客様の立場」と言っても、

年齢、性別、住んでいるところ、今現在の懐具合、

休日の趣味、仕事、やりたいコト、やりたくないコト、

好きな色、好きなデザイン、

・・・と、実に様々な要因が重なり合ってできています。

そのため、ただ漠然と「お客様の立場に立って考えてみよう」と思っても、ぼんやりとしたお客様像しか見えてこないんですね。

そこで大切なのが、”注目するトコロ”を決めてしまうこと!

今回はお客様の『 購入理由 』に注目してみましょう。

あなたの商品を買ってくれた人がいるとします。

そのお客様は一体どのような理由で、あなたの商品を買ってくれたのでしょうか?

その”購入理由”を想像することで、「お客様の立場」が理解しやすくなるんです!

まず、「あなたの商品が使われる”場面”」を想像することから始めてみましょう。

あなたが扱っているモノ・サービスの中で何か一つ、具体的に思い浮かべてみて下さい。

そして、次のパターンにその商品を当てはめて考えてみます。

=========================

◎『この商品は○○だから、△△の時に使われている』

=========================

「○○」には、あなたの商品やサービス、またはお店や会社全体の”特長”(アピールポイント)が入ります。

例えば、『車』を例に考えてみましょう。

そのクルマは、

・「燃費が良い」

・「スピードが速い」

・「見た目が美しい」

といった特長を持っています。

商品の特長を挙げ終わったら、次のステップです。

今挙げていただいた商品特長が、どんな”時”、どんな”場面”で活かされるかを考えてみて下さい。

例えば、「燃費が良い」という”特長”があるからこそ、「毎日の通勤に使う」といったことが考えられますね。

◆ “スピードが速い”から、「ストレス解消に高速道路を走る」時に使う

◆ “見た目が美しい”から、「彼女とのドライブに乗って行く」時に使う

・・・などなど。その商品の特長を活かした”利用場面”を思い浮かべてみて下さい。

その”場面”が「△△」の部分に入ります。

・・・

それでは、あなたの商品でも考えてみましょう。

『この商品は○○だから、△△の時に使われている』

1) あなたの商品は、どんな特長を持っているでしょうか? それを○○に書き込んでみましょう。

2) その商品は、どんな時に使うのに適しているでしょうか?その場面を△△に書いてみましょう。

それが書けたら、次のキャッチコピーパターンに当てはめてみて下さい。

=========================

◆ 『 「△△したい」 だから、○○なコレを選ぶ 』

=========================

先ほどのクルマの例で言いますと、こうなります。

———————————————————-

◆「毎日の通勤に使いたい」

だから、燃費が良いこのクルマを選びました

———————————————————-

◆「ストレス解消に高速道路を走りたい・・・」

だから、スピードが速いこのクルマを選ぶ

———————————————————-

◆ 「彼女とのドライブに乗って行きたい!」

だから、見た目が美しいこのクルマにしました!

———————————————————-

あなたの商品もこのパターンにあてはめてみて考えてみて下さい。

そうすると、自然と「あなたの商品を使う人のセリフ」が書けると思います。

今回のテーマである、『お客様の立場になって書く』時は、そのようにお客様のセリフを想像してみるのが一番です。

このようなセリフ表現は読みやすいため、キャッチコピーにもってこいの素材。

———————————————————-

◆「毎日の通勤に使いたい」

だから、燃費が良いこのクルマを選びました

———————————————————-

という内容をセリフ無しで書くとすると、

———————————————————-

・ 18km/lの高燃費。通勤に最適な車です

———————————————————-

といったカタい感じの表現になってしまいますね。

「お客様の立場になって書く」ということは、「読みやすい文章を書く」ことにもつながっているんです。

あなたの商品やサービスでも、きっと使えるこのパターン。ぜひ一度お試し下さい!