区切り線

このメールマガジンは、「ことのは塾」と名刺交換をさせていただいた皆さんにお送りしております。

 

eizi

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

 

突然ですが・・・「人が人に興味を持つ瞬間」って、どんな時だと思われますか?

 

色々な考え方があると思いますが、私は『 その人の”感情”が見えた時 』だと思うんです。

 

 

たとえば、私が『 先日、プリンタを買いました 』と言ったとしても、皆さんはそれほど興味を持たないでしょう。

 

プリンタを買った というのは、単なる”事実”。

「・・・あぁ、そうですか」と思うくらいで終わりです。

 

でも、

 

『 先日、プリンタを買いました。デザインに一目ぼれして買ったモノで、機械の写真まで撮っちゃいました(笑) 』

 

と言ったとしたら、どうでしょう?

 

今度は私の言うこと、ひいてはプリンタのコトが気になってしまいませんか?

 

 

“事実情報”だけでは人のココロは動かない・・・

 

“感情”が見えてこそ、人は興味を持ってくれる・・・

 

 

この心の動きを、「店頭POPの商品紹介文」に活用している方がいらっしゃいます。

 

次の二つの商品紹介文をご覧になってみて下さい。

 

 

—【 Aの紹介文 】———————————–

 

【スープ皿】

 

直径 ベルギーからの輸入品。

 

淡いクリーム色で、日常的にお使いいただけるお皿です。

 

口径12.5cm 横幅14cm  高さ6.2cm 容量220cc

 

—————————————————

 

 

—【 Bの紹介文 】———————————–

 

【スープ皿】

 

直径 ベルギーからの輸入品。

 

淡いクリーム色で、日常的にお使いいただけるお皿です。

 

口径12.5cm 横幅14cm  高さ6.2cm 容量220cc

 

— 【 仕入れ担当から”ひとこと”】 —

 

もう”ひと目惚れ”でした。ベルギーの展示会でコレを発見した次の瞬間、契約書にサインしていたくらいです(≧∇≦)/

 

デザインが凝っているのに、実は普段使いできるほどの厚みがあるのがサイコー。

 

私自身も、自宅で毎日使っています!

 

—————————————————

 

商品説明の部分は、全く一緒。

 

違うのは、その後に一言、“感情”の入った言葉が添えられたということだけ。

 

・・・でも、何だかBの紹介文の方が、“人間味”を感じませんか?

 

実はコレ、ある食器屋さんが実際にPOPに書いている紹介文なんです。

 

Aのような無機質な紹介文を、Bのように温かみのある紹介文に変えたところ、売り上げは倍増。

 

以来、新商品が入荷するたびに、ブログを書く時のような、「他愛も無い一言」を必ず添えるようにしているのだそうです。

 

それだけで売り上げが伸びるのなら、使わない手は無いですからね。

 

・・・

 

皆さんはせっかくの商品やサービスを、

 

「こういうモノです」

 

「こんなサービスです」

 

と、ただ説明して、終わりにしてしまっていませんか?

 

「○○は~~です」、「××は、△△機能がついています」といった”事実”情報だけでは、人のココロは動かせませんが、そこに人間味のある一言を添えるだけで、お客様は興味を持って下さいます。

 

コツは”感情”をオモテに出すこと。

 

「完成させるには、こんなところに苦労しました」

 

「お客様にこんなことを言われて嬉しかったです」

 

「お客様がこんなことで苦労していると聞いて悲しくなり、このサービスを思いつきました」

 

と、仕事の場面であっても、私たちの感情は様々なところで動いています。

 

 

ある機械部品を作っているメーカーさんでは、商品カタログに

 

『 3グラムの軽量化を実現! わずか“3グラム”ですが、ご利用いただいているお客様の工場では、不良品の発生率が大幅に減りました。「不良品が出る数が減りました」とわざわざお電話いただいた時は、本当に嬉しかったです』

 

といった“社員の言葉”を商品情報と一緒に載せていました。

 

ここでもやはり「嬉しかった」という感情が出ているのが、人間らしさを感じさせますね (*´ェ`*)

 

・・・

 

人のココロを動かすのは、やはり人のココロ。

 

あなたの”感情”を商品紹介文の中に入れることで、とても親近感のわく文章にレベルアップします!

 

ぜひ、お試し下さい!!

 

 

— 「ことのは塾」 山梨 栄司 
最近、とくにご依頼が増えているのが「チラシ・パンフレットのリニューアル」のお仕事。
「 “顧客志向の言葉”を使うべきなのはわかっているんだけど、技術畑の人間なのでどうしても・・・(^_^;) 」
「 女性向けの商品だから、男性スタッフだけだと言葉が思い浮かばないんです 」
「 長年扱っている商品なもので、特に“新しい表現”が見つからなくて・・・ 」
そんな“お悩み”、御社にもございませんか? (^_^;)
その商品・サービスの“プロ”だからこそ、つい「商品説明」っぽくなってしまう
その商品を長く扱ってきたからこそ、“よくある表現”になってしまって、心がこもらなくなってしまう
チラシづくりは新人に任せたいんだけど、自分がカンでやってきたから、教えることができない
そんな光景を私たちはたくさん見てきました。
“うまい言葉”が見つからない
そんな時は、ぜひ「ことのは塾」を呼んで下さい!
御社が大切にしていること、商品の特長・愛されるポイントをしっかり聞き出した上で、
現代のトレンド、お客様の使っている言葉、紙面にした時の読みやすさなどをちゃんと加味して、チラシ・パンフレットを作らせていただきます。
「我が社のチラシでも作ってもらえるかな?」
とご心配なら、ぜひ公的な補助金を使ってお呼び下さい。
中小企業庁が行っている『 ミラサポ 』という制度を使うと、日本全国どこからでも「ことのは塾」の講師を呼ぶことができます。
( 利用費は“無料”で、1年度 3回まで利用可能 )
どんな言葉でお客様にアピールしたらいいだろう?ということを一緒に考えていきましょう。
(※ 広報担当の社員さんや、新人さんの同席も大歓迎です!)
お申込みはこちらのページからお願いします。
お客様が喜んでくれるチラシをつくりましょう!

 

区切り線

 

check “想い”の伝え方ノウハウは、こちらにも載っています。

twitterのフォロー、Facebookの友達申請も大歓迎です!

ブログ twitter 

 

区切り線

「ことのは塾」の本「ことのは塾」の本、絶賛発売中!

— 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。

“どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。

誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。

「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」

「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」

「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」

などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)

お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!

 

区切り線

「ことのは塾」フッター

pin 発行:「ことのは塾」(有限会社ビーサイド・ライブ)

pin 住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5

pin 編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部

pin お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp

pin メルマガ配信の解除 ・ メルマガの読者登録

pin「ことのは塾」プライバシーポリシー